GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Boxで変わる仕事のかたち

Boxで変わる仕事のかたち

Workshop

働き方改革が進められている現在、新しいワークスタイルを実現するために、セキュアで便利に、いつでもどこでも業務ができる環境が求められています。
社外メンバーと安全にファイルを共有する基盤構築を目的として設計されたBoxは日本国内でも普及し、あらゆる業種で活用されているクラウドで、富士通も国内グループ約8万人で活用しています。本ワークショップでは、Boxの使用方法やメリットを実機体験で理解し、仕事のかたちを変えるヒントを得ていただきます。

こんなお客さまへ

  • 社外とのコンテンツ
    コラボレーションを強化したい。
  • 写真・動画を織り交ぜた
    大容量ファイルを格納したい。
  • 安心・安全に社外と
    コンテンツを共有したい

Stepワークショップの流れ(例)

Boxの概要説明と富士通の取り組み

クラウド・コンテンツ・マネジメント「Box」の概要をご説明します。

富士通は国内グループ約8万人でBoxを活用しています。この取り組みにおける導入コンセプト、活用のポイント、具体的な活用例、運用に関わる工夫など、富士通独自の仕組みとノウハウをご紹介します。

実機によるハンズオンの体験

Boxを活用した新しい仕事のかたちを体験していただきます。

スピーディーなコラボレーションスペースの作成ときめ細かなアクセス権限を設定することで、Boxの利便性とセキュリティの高さを実感できます。

質疑応答

お客様の疑問点などについてお答えいたします。

  • 働き方改革におけるBoxの利用シーン
  • 具体的な活用方法や効果
  • その他

Voiceお客さまの声

ワークショップに参加されたお客様の声の一部をご紹介します。

  • 最新機器を実際に操作しながら説明を受けられたので、Boxをよく理解できました。導入を本格的に検討する意欲が湧きました。(製造)

  • Boxで何ができるのか、何が便利になるのかという明確なイメージを持っていませんでしたが、実機体験で活用の大きな可能性を感じました。 (流通)

  • 自社でBoxを利用していますが、持っていた疑問が解決されました。セキュアな便利さを改めて実感することができ、とても有意義でした。(小売)

138-BFF-042