GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 会社概要 >
  4. 拠点情報 >
  5. FUJITSU Digital Transformation Center >
  6. ワークショップ >
  7. ブロックチェーンで創る新たな企業間連携

ブロックチェーンで創る新たな企業間連携

ブロックチェーンで創る新たな企業間連携

Workshop

ブロックチェーンは、あらゆる情報を改ざんできない形で記録することを可能にする技術です。富士通はこの技術を活用して、企業や業種の垣根を越えた多様なコラボレーションを創出し、自由で開かれた豊かな社会を実現していきます。
本ワークショップは、ブロックチェーン活用を検討する情報システム・企画部門の方々に向けて、技術に関する知識、適用領域やイメージを具体化するための観点、アイデア検討の進め方を提供します。
※このプログラムは有償プライベートメニューです。

こんなお客さまへ

  • ブロックチェーンとは
    何なのか、技術や仕組み、
    どこに使えるかを知りたい。
  • 他企業連携や、業種を超えた
    改革に関心があるが、何から
    始めてよいか分からない。
  • 事業や業務において、
    ブロックチェーンを活用する
    方法を検討したい。

Stepワークショップの流れ(例)

ブロックチェーン技術を知る

ブロックチェーンとは、同じネットワーク上の参加者で台帳を共有し、台帳に記録された取引情報の信頼性を確保する技術です。
「改ざんが困難」「取引の自動化」「誰にでも公平」「障害に強い」といった技術的な特長を踏まえ、企業や業界を越えたオープンなつながりでビジネス機会が創出できることを学びます。

ブロックチェーンの適用領域を洗い出す

近年の新しい価値観と、それに基づくブロックチェーン活用シナリオ例(ビジネス拡大や新規サービス開発など)を学びます。
その上で、参加者それぞれが「ありたい姿」を描くワークショップにより、ブロックチェーンがどの場面に利用できるかという適用領域を洗い出していきます。

アイデアをグループで共有し投票する

専門家による技術講義とワークショップでのアイデア検討を踏まえて記入したワークシートをグループで共有し、投票を行って優先順位をつけます。
その後、アイデアの具体化に向けた観点や進め方を知ることで、ブロックチェーン活用の検討を本格化させることができるようになります。

Voiceお客さまの声

ワークショップに参加されたお客様の声の一部をご紹介します。

  • 複数部門を巻き込んで、ブロックチェーンの活用を検討することが重要だということが改めて分かり、良い刺激にもなった。(製造)

  • 今までプラットフォームの視点では検討できていなかったが、今回のワークショップで最新の技術の強みを勉強し、今後自分たちでも導入を検討しようと思えた。(製造)

138-BFF-042