GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Article

Article特集

デジタルトランスフォーメーションが実現する世界

デジタルトランスフォーメーションとは、最先端技術を活用して新たな価値を生み出し、ビジネスにデジタル革新を起こすこと。富士通のエバンジェリスト・及川洋光が、最新のAI・IoT技術で実現される世界をご紹介します。

デジタルアニーラ活用の鍵は「組合せ最適化問題」に気付く目。では、その目を養うには? 世の中の課題のどれが、デジタルアニーラが得意とする「組合せ最適化問題」として解決できるのか?早稲田大学 田中 宗 准教授をお招きし、組合せ最適化問題を見つけるためのワークショップを開催しました。Fujitsu.com
ユニバーサル製缶様による、現場主導で進めるワークスタイル変革 -ワークスタイル変革事例- アルミ缶専業メーカーとして、人と社会と地球にやさしい飲料容器の提供を目指すユニバーサル製缶様。お客様と社員のために、現場が主導して取り組みが始まったワークスタイル変革についてお話を伺いました。
工場IoTのネットワーク環境を考える〜セキュアなスマートファクトリーを目指して〜 -ものづくり革新- IoTを活用して工場の機器・情報・人がセキュアにつながるスマートファクトリー。その実現のためには何から取り組めば良いのか。ネットワークの専門SEとして経験豊富な松岡誠司が、工場の課題解決を進めるための取り組みをご説明します。
富士通のICTを活用した働き方改革~世界16万人の従業員が使うグローバルコミュニケーション基盤~ -働き方改革 実機体験- 富士通は2010年から働き方改革を始め、さまざまな経験や知見を元に「三位一体の改革」を推進しています。ワークショップではその取り組みをご紹介し、最新ICT機器を実機体験していただくと共に、目指すべき働き方への道筋を描きます。
味の素株式会社様による、新たな価値創出のための共創活動 -新拠点「クライアント・イノベーション・センター」開設- 長年にわたり培われた先端バイオ・ファイン技術と、そこから生まれるおいしさ設計技術を活用して、新しい価値や事業の創出に取り組まれている味の素様に、新拠点開設についてお話を伺いました。
Francfranc様が挑む、テクノロジーを活用した業務改革の取り組み -ゼロから考えるAI(人工知能)活用ワークショップ事例- 「VALUE by DESIGNデザインによって毎日をより楽しく、より豊かに」というミッションのもと、ライフスタイルの提案を行うことで新たなマーケットの創出を目指されるFrancfranc様にお話を伺いました。
サイバー攻撃の被害と脅威を体感し、
情報セキュリティの強化に向き合う
-サイバー攻撃体感ワークショップ-
企業は情報セキュリティの強化に向け何をすればよいのか。
DTC大阪でご好評の「サイバー攻撃ワークショップ」をご紹介します。
「見せる化」による最適化を目指し、ものづくり現場のデジタル革新を進める -Intelligent Dashboardによる工場全体の最適化ワークショップ- 工場最適化に向けた「見せる化」を実現するためのソリューションIntelligent Dashboardと、コンセプトを構築し情報を整理するためのワークショップについて、富士通オファリング推進本部 デジタル革新オファリング統括部の及川洋光より紹介します。
価値を明確にし、最大限に高めるための「人を中心」としたまちづくり・施設づくり -都市インフラの未来を考えるワークショップ- まちづくり・施設づくりのコンセプトは「人を中心」に変わってきています。今回は、都市インフラソリューションの推進に携わる船橋俊男、本ワークショップのデザインを行いファシリテーターも務めている前島朱里と共に、富士通の考えるまちづくり・施設づくりのコンセプトと、ワークショップを通して得られるものについて紹介します。
落合陽一と考える「AIの活かし方、人の役割」  


新しいテクノロジーを生かすには、どのような発想力が必要か?筑波大学学長補佐の落合陽一氏と富士通が共同で、AIを活用するための発想術をテーマにイベントを開催。DTCのワークショップを体験していただきました。ニューテクノロジーのキャッチアップの仕方を紹介した内容をリポートします。
FUJITSU JOURNAL
落合陽一と語る。AI利用に必要な「発想力と実装力」とは  

今、そしてこれからのAIについて、国内屈指の若手コンピュータ研究者、落合陽一氏と富士通研究所の人工知能研究所で所長代理を務める岡本青史が語ります。
DTCのAIワークショップでアイデア発想のために使っているカードもご紹介しています。
FUJITSU JOURNAL
DTC大阪 注目の共創ワークショップ空間が大阪でオープン! -「DTC大阪」誕生-

2017年8月2日、東京・浜松町に続き、DTCが大阪・中之島にオープンしました。
ここでは「DTC大阪」の施設、展示コーナーに加え、大阪オリジナルの「サイバー攻撃体感ワークショップ」の様子をご紹介します。
FUJITSU JOURNAL
人に寄り添うAIによるイノベーション、未来を共創するDTCのワークショップ -ゼロから考えるAI(人工知能)活用ワークショップ- 富士通は、少し違った角度からAIに向き合うことで、お客様により良いイノベーションがもたらされると考えています。 富士通のAIビジネスの全体的な戦略立案に携わる橋本文行氏に、AIとは何か、そしてDTCのAIワークショップで何が得られるのかを伺いました。
富士通の知見とノウハウ・技術を体感し、働き方改革推進の意識改革とビジョンを作る -ワークスタイル改革ワークショップ-
DTCのワークショップではこの事例をご紹介し、お客様の働き方改革の推進に役立てていただいています。ファシリテーターの小古善晴氏に、富士通の取り組みと働き方改革を進める上でのポイント、ワークショップの狙いを伺いました。
注目度が高まるAI、IoT、働き方改革――実現のヒントを見出す共創ワークショップに潜入 
 
DTCでも人気のテーマである「AI」「IoT」「働き方改革」。2017年5月に有楽町で開催した「富士通フォーラム 2017」で、これら3つのワークショップを大勢のお客様に体験していただきました。その様子をレポートします。
FUJITSU JOURNAL
日本郵船様が挑むグローバル3万人超、230拠点でのワークスタイル変革 ~成功のカギは“働き方のビジョン”~ コスト削減だけではなく、顧客価値向上や、生産性向上、イノベーションに向け、全社員が活躍する環境を作るため、デザイン、アプローチを活用したDTCのワークショップで、コンセプトをまとめられた日本郵船様にお話を伺いました。FUJITSU JOURNAL
課題を“見える化”し現状認識
参加者でビジョンを共有し“気づき”を求めるワークショップ
-ワークスタイルの今と未来を考えるワークショップ-
富士通は、2016年5月にDTCを開設して以来、300社を超える企業にワークスタイル変革のワークショップを行っています。このワークショップはどう行われるのか、どういう想いでお客様と時間を共有しているのか、ファシリテーターの松本国一氏に伺いました。
お客様の「デジタルマーケティング」を成功に導くために、
富士通ができるコト
-デジタル時代のマーケティング変革ワークショップ-
昨今、「デジタルマーケティング」というワードを見かけることが増えてきましたが、その本質を捉えた活動ができている企業は少ないのではないでしょうか。
今回は、デジタルマーケティングソリューション部の石井洋史氏に、デジタルマーケティングに取り組む企業の課題や、成功に導くためのポイントについて伺いました。
最新のIoTを体感しながら共創するDTCワークショップならではの体験を -IoTで未来を描くワークショップ-
富士通は、最新のIoT活用の体験デモンストレーションを交えながら、IoT活用のあるべき姿をともに考える体験ワークショップを開催しています。ファシリテーターの西山聡一氏に、企業のIoT活用の現状と、ワークショップの狙いを伺いました
138-BFF-042