Skip to main content

Fujitsu

Japan

グッドデザイン賞 FUJITSU 文教ソリューション K-12 特別支援 キッズタッチ

FUJITSU 文教ソリューション K-12 特別支援 キッズタッチの画像

2007年キッズタッチをベースに香川大学と共同研究で機能や操作性を改善したソフトウェアを開発しました。K-12 特別支援 キッズタッチは、「いろんなせんかけるかな?」「ひらがなかけるかな?」「カタカナかけるかな?」「パズルできるかな?」の4ソフトウェアで構成され、目と手の協応、知覚統合、書字能力向上の支援を行います。

評価コメント

特別支援教育のためのインターフェースとインタラクションを丁寧に実装していて、多様な現場にできるかぎり柔軟に対応させるための配慮がある。現場においては、デバイスの購入予算の確保など、このアプリを使用できる環境づくりが大変かと思うが、トップの理解がある学校では、取り入れて活用している実績も生まれ始めている。より一層の広がりを期待している。