GTM-MML4VXJ
Skip to main content

グッドデザイン賞 NTT docomo F-12D らくらくスマートフォン

NTT docomo F-12D らくらくスマートフォンの写真

誰もが参加できるICT社会の実現に向け、シニア層への展開を図った「らくらくホンシリーズ」初のスマートフォンです。「らくらくホン」で培った「見る」「聞く」「話す」といった基本的な使いやすさを継承しながら、ボタンのように押した感覚がしっかりわかる新開発のタッチパネルや、色分けされた大きなアイコンで、見やすくわかりやすいようデザインした独自メニュー画面を搭載し、安心で確実な操作が可能な全く新しいスマートフォンとなります。様々なサービスを誰もが手軽に利用できる本製品によって、生活を豊かで楽しくするといった新しい価値をお客さまに提供します。

評価コメント

携帯電話の操作を極力簡素化した「らくらくホン」のスマートフォン版。丸みあるラウンドフォルムとサイズが持ちやすと親しみやすさを表現している。操作がわかりやすいメニュー構成やタッチ操作を間違えにくいユーザーインターフェイス、ホームキーを大きくすること、ワンタッチダイヤル機能、アイコンの色と大きさの工夫など、初心者でも迷わず使いやすい工夫を徹底している。文字入力はATOKを搭載。音声入力と手書き入力にも対応しているなど、簡素化しながらも入力しやすい方法を設計している。UI設計にも配慮が多く見られる。特にアプリへ移るときにはアイコンを長押しする事で指先に振動と「カチッ」という音が伝わる設計になっている。画面上のボタンは物理ボタンを押している感覚で使える事がスマートフォンを始める人々に安心感与えている。徹底したユーザー意識によって生まれたデザインは完成度は高い。今後もこの分野でのリーダーシップを発揮してほしいと期待する。