GTM-MML4VXJ
Skip to main content

グッドデザイン賞  オンデマンド仮想システムサービス

オンデマンド仮想システムサービスの画像

近年普及しているインターネット経由でICT資源を利用できるクラウドコンピュータは、「サーバなどのハードウェア準備が不要」「必要な時に必要なだけICT資源を使える」「ICT資源の共有により資源を有効活用できる」特徴を持っていますが、それを利用するためには、仮想化されたICT資源を組み合わせて、業務システムを作るためのSEノウハウが必要で、だれでも簡単に使えるわけではありません。オンデマンド仮想システムサービスは、クラウドコンピュータの特徴を最大限に引き出すために、システム構築から運用までの複雑性を排除して、専門スキルを持たない方でも、即時に業務システムを構築・運用できる環境を提供します。

審査委員のコメント

ICT資源を利用できるクラウドコンピュータは活用の高度化が期待される一方、複雑化・専門化のためシステム構築の困難性が予想される。本申請は多くの公共サービスや企業が多分野でクラウドコンピュータを活用できるように、導入、運用のシーンで一般化した分かりやすいユーザーインターフェイスを開発したものである。ユーザーのメリットを主眼に市場拡大の課題をデザインアプローチにより先駆けて解決した点および具体的デザインを高く評価した。