GTM-MML4VXJ
Skip to main content

グッドデザイン賞  環境常時監視システム

環境常時監視システムの画像

環境常時監視システムは、各地域に大気・水質の測定局を設け、汚染物質の測定データを「収集・監視」し、そのデータを自治体のホームページや大型表示装置で、地域住民をはじめ企業に「公開」します。本システムは、長年培った計測・監視・制御技術を核に、実際に監視業務を行うお客様の立場にたち開発しています。この環境情報「見える化」のデザインは、環境基準の達成状況や光化学スモッグ注意報等の発令判断の情報化、地域住民が「安心(健康保護)」と「安全(生活環境保全)」を図るための情報を提供します。そうした情報化は自治体と企業、地域住民がひとつになり、環境問題について考えるコミュニティの役割を担います。

審査委員のコメント

長年の取り組みで蓄積されたノウハウを基に、大気や水質などの情報をリアルタイムに収集・監視するためのシステムを利用者の視点から改善を図り、地域の住民や企業に対し優れたコミュニケーションデザインを提供したこと。さらに、運用者にもフレンドリーなインターフェースデザインを提供した点が評価できる。