GTM-MML4VXJ
Skip to main content

グッドデザイン賞  富士通東京第2システムセンター

富士通東京第2システムセンターの画像

富士通のノウハウと実績を集約し、世界最高水準のフィジカルセキュリティ、グリーンITを実現する都心型最新鋭データセンターです。サービスを提供するための最新技術が効果的に機能し有効活用できる環境の構築、運用・保守する人にとってわかりやすく人的ミスを削減する作業環境の構築、また、消費電力量・CO2排出量を当社比最大50%低減するなど、データセンターに求められる機能性、安全性、環境配慮の実現を目標としました。

審査会での評価コメント

データセンターは現代的都市の中枢的機能であり、その安全を守ることはイコール、都市生活者のリスクを解消することです。一方データセンターは隔離されたコンピュータ(ハードウェア)の空間ではなく情報システムの一部であり、経営など人間的・社会的要素と切り離せません。ここにデザインの意義があります。このシステムセンターでは、セキュリティの問題をヒューマンファクターに置き換え、人間の行動の中に潜むリスクを解決するというアプローチを採っています。それは「安全」というコトのデザインです。その点が評価されての受賞となりました。