GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Work Place Creative

我々の仕事環境は、過去の技術のもと、機能と効率を優先したワークスタイルを強いられてきたのではないでしょうか?「機能と効率を優先した社会の仕組み」から「人間として一個人のあり方を重視した仕組み」へと、今まさに変化を必要としています。

Work Place Creative(以下、WPCと省略)は、この点に着眼したメンバーが結成した、クリエイティブなプロジェクトです。本プロジェクトは「オフィスとホームの境界」の考察を通じて、仕事とは個人の豊かな「振舞い」であり、仕事の場とは個人表現のための「舞台」であると捉え、ワーカーの創造性を最大限に引き出す「舞台道具」としての、機器、家具の提案を行ないました。

ライフスタイルとワークスタイル

家族と共有する時間や、自分自身の時間を重視したライフスタイルが見直されると、社会のしくみや個人のワークスタイルが、影響を受けて変化します。 近年よく聞かれるようになった「在宅勤務」や「SOHO (Small Office, Home Office)」といった、必ずしもオフィスに束縛されない新しい仕事の仕方が、その代表的な変化の兆しと言えます。

このようなワークスタイルを実現するために、必要な社会基盤は整備されつつありますし、舞台裏をサポートするだけのテクノロジーも、十分に進化してきています。

irori_a04

ネットワークが変えるワークスタイル

高度にネットワークが発達すると、どこにいてもオフィスと同じ仕事の環境が端末機上に再現されるため、必ずしも特定の場所に、1日中拘束される必要が無くなります。オフィスに通勤することを前提とした、今までのワークスタイルも、これからは大きく変化することになるでしょう。

そして、今や仕事の道具として必要不可欠となったコンピュータも、高速ネットワークと先端テクノロジーを前提とすると、今までの概念と異なった使い方に変化し、驚くほど小型化されます。

irori_a05

身振りと立ち居振る舞い

我々は、普段の生活の中で、無意識な身振りや立ち居振る舞いをしています。指し示す時に人差し指を使ったり、手をかざして遠くを見るなど、特に手を使ったジェスチャが多いようです。また日本人は、敷居ひとつで空間を分け隔てて振舞ったりする「見立て」に、その特徴があるとも言われています。

これらは全て、文化や生活様式の長い歴史を通じて自然に身についた、いわば人間の本能的な行動であるといえます。わが国においては、このような身振りや立ち居振る舞いを、「作法」として様式化し意味を持たせる例が、特に儀礼をはじめ、神事や仏事、茶道や武道などに多く見ることができます。

仕事を個人の豊かな「振舞い」であると捉えたWPCは、このような人間の身振りや立ち居振る舞いを重視した、より人間的な仕事の仕方や環境、そして道具を提案しようと試みました。

photo01

農耕文化とワークスタイル 舞と踊

技術が進化して生活が便利になる反面、我々は知らないうちに阻害されている「人間として大切なもの」を求める行為をしています。例えば、自然を満喫する旅行をしたり、ナチュラルな物を求めたりといった自然回帰の行動は、人工物に取り囲まれた人間の反動行為とも言えるでしょうし、かわいいものにくつろぎを感じる幼児回帰、趣味を通じた自己回帰などの「回帰」行為は、全てそういった魂からの警告ともいえるのではないでしょうか。

これは仏教の唯識の概念でいうと、人間のアラヤ識(五感、意識、マナ識のさらに下にあるとされる精神の最深層部)と呼ばれる、太古の意識の働きであるとも言えます。

一般的に、農耕を文化基盤とする民族の振舞いは、田植えや稲刈りなどに見られるように、腰を据えた水平運動を基本としていると言われています。舞踊も「舞」で象徴されるように、足の運びや腰の動きは水平的で、能などの芸能や茶道、武道などでも同様の動きを見ることができます。これらは、大地と人間の関わり方が決定した文化と言え、所作のみならず、思考や宗教などに幅広く影響を与えています。

一方、大陸の遊牧を文化基盤とする民族は、騎馬に見られるように垂直運動を基本としており、舞踏では「踊」で象徴されるように、飛び跳ねたりする上下の動きに特徴があります。彼らの世界観は農耕文化と異なり、目的に対して直線的に思考、行動するもので、場所に固執しないライフスタイルを生んでいます。

農耕文化の舞を象徴する、水平運動をする人と、遊牧文化の踊を象徴する垂直運動をする人の模式図

農耕文化とワークスタイル 振る舞いと道具

我々日本人は、自分の身体を基準にして、日常生活の様々なモノの寸法を定めてきました。日本人にとって、最も身近な道具の1つであるご飯茶碗や汁椀をみてみると、その径はおおむね四寸(12cm)となっています。この寸法は、手のひらと指でできる半球の直径と一致し、握りやすく、洗いやすい寸法であるといわれています。湯呑みや徳利の径は、二寸半(7.5cm)で片手で握れる寸法であり、これは、ビールやワインの瓶の径とも一致します。

また、住居や茶室などの、日本の建築の寸法である一間(180cm)、一坪(180cm)四方などの単位も、人の身長および、両手を広げた巾に収まるサイズからきており、柱の間の距離や畳などの、寸法の基準となっているのは言うまでもありません。これらの一寸、一尺、一間などの寸法は、身体との関係から生まれてきた、モジュール単位と言うことができます。WPCでは身体と道具の関わりを重視し、身体尺からの道具立てを考えました。

建具や道具の寸法を示す図。丸畳は、縦6尺3寸(191cm)横3尺1寸5分(95.5cm)。半畳は、縦3尺5寸7分(108.2cm)横3尺1寸5分(95.5cm)。茶室の炉は、縦横1尺4寸(42cm)。一握は親指と人差し指を開いた程の長さ。六曲屏風は、高さ5尺(150cm)。男椀は、直径4寸(12cm)。湯呑みは、直径2寸5分(7.5cm)。ビール瓶やワインボトルは、外径2寸5分(7.5cm)。茶筒は直径3寸(9cm)。

注: 尺、寸を換算したセンチメートル寸法は目安となる数値です。