GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. デザイン領域 >
  7. ユーザー・エクスペリエンス User Experience ‐使いやすい製品デザイン‐

使いやすい製品デザイン

らくらくホン

概要

ユニバーサルデザインを進めるために、デザイナー全員がユニバーサルデザインの理解を深め、自己評価(社内の専門家による評価)やお客様による客観的な評価を繰り返しています。さらに、常にお客様の声を取り入れて、皆さんに喜んでいただける製品をデザインしています。富士通の携帯電話「らくらくホン」は、ユーザビリティ評価とお客様の意見をもとに開発された、代表的な製品です。

rakuraku_top

デザイナーのコメント

ユニバーサルデザインを進めるには、多様なお客様や利用者(エンドユーザ)のことを、幅広い視野で理解することが重要です。そのためには、お客様とのコミュニケーションから意見を聞いたり、時には、お客さまが利用している場面を拝見することから、デザインをしています。

デザインのこだわり

■ ユニバーサルデザイン教育
開発関係者(企画、開発、デザイン、販売)には、ユニバーサルデザインの観点を身につけるための教育を受けています。

■ インスタントシニア研修
デザイナーがユニバーサルデザインの視点から、より良い改善目標を明確にするため、自ら、バーチャル高齢者体験などを通しスキルアップを実施しています。

ユニバーサルデザイン教育の実施風景の写真
バーチャル高齢者体験中の写真

■ 自己評価(社内の専門家による評価)
特にユーザビリティや人間工学の専門的な調査、評価方法を用いています。 目的に応じて、実施する段階や実施内容などの取捨選択をしています。

調査、評価は以下のようなステップで行なっています。

評価実施段階例の一覧図

コンセプト立案(企画書)段階の調査・評価方法

質問法:
利用者に直接尋ねる方法です。

  • 質問紙調査
  • シナリオ・ウォークスルー

基本設計(機能仕様書)段階の調査・評価方法

洞察法:
利用者の参加を必要とせず、ガイドライン・ノウハウ・利用状況などをもとに、ユーザビリティ上の問題点を見つけ出していく評価方法です。

  • ヒューリスティック評価
  • シナリオ・ウォークスルー

詳細設計(UIデザイン仕様書、プロトタイプ、最終デザイン)段階の調査・評価方法

観察法:
利用者が実際に使用している様子を、見に行く方法です。

  • 現場観察
  • 文脈的質問

実験的方法:
利用者に対象製品・サービスを使用してもらい、問題点を見つけ出していく評価方法です。

  • 思考発話プロトコル法
  • パフォーマンステスト
process_09
process_10

■ お客様による客観的な評価
ユニバーサルデザインを当社のアピールポイントとし、より良い製品、サービスを作り上げていくために、実際に使う利用者参加型の評価を行い、改善ポイントを明確にしています。

製品・サービスをグループインタビューなどで評価し、お客様の声を製品開発にフィードバックしています。