GTM-MML4VXJ
Skip to main content

大気汚染への挑戦

近年大陸での深刻な大気汚染などが原因と考えられるPM2.5(微小粒子状物質)は、非常に小さく肺の奥まで入りやすいため、肺がん・呼吸系・循環器系への影響が懸念され­ています。

この問題に対し富士通グループの総合力を駆使してPM2.5汚染量の観測から分析、シミュレーション、コンサルティングまで一貫して行ない、地方自治体や国などと協力してより安心できる社会づくりを目指しています。

このストーリーは分析のリーダーとして挑戦する富士通クオリティラボ 環境センター社員 阿部を通じ、富士通グループが一体となった大気汚染に対する取り組みをご紹介し­ています。

関連情報

GTM-NPL52N