Systemwalker Centric Manager NAT適用ガイド - UNIX/Windows(R)共通 -
目次 索引 前ページ次ページ

第5章 運用> 5.2 留意事項

5.2.1 リモートコマンド

“NAT構成2(業務サーから運用管理サーバのIPアドレスが隠ぺいされる構成)”で、リモートコマンドを使用する場合、メッセージ送信先システムとの接続方法を“常時接続”に指定してください。ただし、業務サーバ、運用管理サーバともV13.1.0以降の場合は、この限りではありません。

詳細については、“Systemwalker Centric Manager 使用手引書 監視機能編”を参照してください。

ここでは、以下のように定義します。

ホスト名

WWW.A.com

ユーザ名

systemwalker

パスワード

systemwalker

メッセージ送信先システム

10.124.22.240

 

以下の手順で設定します。

  1. [Systemwalker Centric Manager]−[環境設定]−[システム監視設定]を選択します。
    →[システム監視設定[接続先設定]]ダイアログボックスが表示されます。

  2. 以下の項目を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    [ホスト名]
    “WWW.A.com”
    [ユーザ名]
    “systemwalker”
    [パスワード]
    “systemwalker”

    →[システム監視設定]ウィンドウが表示されます。

  3. [通信環境定義]ボタンをクリックします。
    →[通信環境定義]ダイアログボックスが表示されます。

  4. [追加]をクリックします。
    →[メッセージ送信先システム設定(追加)]ダイアログボックスが表示されます。

    接続方法は、必要時接続がデフォルトです。

  5. 以下の項目を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    [メッセージ送信先システム]
    通知先運用管理サーバに設定されているIPアドレスではなく、業務サーバから識別できる運用管理サーバのIPアドレスを入力します。
    [接続方法]
    [常時接続]を選択します。

    必要時接続の場合、リモートコマンドが正しく実行されません。

     


目次 索引 前ページ次ページ

Copyright FUJITSU LIMITED 1995-2008