ロゴ

Systemwalker Interstage運用管理ガイド スケーラブル運用
- UNIX共通 -
- Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -

J2X1-3240-02Z2(00)


目次

 


オンラインマニュアルをお使いになる前に

まえがき

マニュアル体系と読み方

第1章 概要
  1.1 目的

第2章 環境
  2.1 システム構成

第3章 機能
  3.1 自動運用
    3.1.1 スケジュール
    3.1.2 バックアップ/再起動
  3.2 ローリングアップデート(資源配付)
    3.2.1 Systemwalker Operation Managerでスケジュールする
      3.2.1.1 資源の配付
      3.2.1.2 資源配付のスケジュール運用
    3.2.2 Systemwalker Centric Managerの資源配付機能でスケジュールする
      3.2.2.1 資源の配付
      3.2.2.2 資源配付のスケジュール運用
  3.3 業務監視
  3.4 性能監視/性能管理
    3.4.1 レスポンス異常の監視
    3.4.2 性能情報の統計分析

第4章 設定
  4.1 設定手順
    4.1.1 設定環境
    4.1.2 作業手順
  4.2 自動運用
    4.2.1 業務アプリケーション(ワークユニット)を操作する
    4.2.2 メンテナンス業務(バックアップ)をスケジュールする
  4.3 ローリングアップデート(資源配付)
    4.3.1 Systemwalker Operation Managerでスケジュールする
      4.3.1.1 システムを登録する
      4.3.1.2 資源を登録する(業務サーバの適用先を定義する)
      4.3.1.3 ローリングアップデートを実行する
    4.3.2 Systemwalker Centric Managerの資源配付でスケジュールする
      4.3.2.1 システムを登録する
      4.3.2.2 運用管理サーバでTraffic Directorへの接続情報を設定する
      4.3.2.3 Traffic Directorへの切り離し出口と組み込み出口スクリプトを雛型に従って編集する
      4.3.2.4 資源を登録する
      4.3.2.5 資源を配付してローリングアップデートを実行する
  4.4 業務監視
    4.4.1 ワークユニットを検出する
    4.4.2 表示名を変更する
    4.4.3 業務へワークユニットを追加する
  4.5 性能監視/性能管理
    4.5.1 性能監視
    4.5.2 性能管理

付録A サンプル
  A.1 UNIX
    A.1.1 Interstage Traffic Director 5.0の場合
    A.1.2 Interstage Traffic Director 5.1以降の場合
  A.2 Windows
    A.2.1 Interstage Traffic Director V5.0L10の場合
    A.2.2 Interstage Traffic Director V5.0L20以降の場合

用語集