Systemwalker Interstage運用管理ガイド スケーラブル運用 - UNIX共通 - - Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 前ページ次ページ

第4章 設定> 4.4 業務監視

4.4.3 業務へワークユニットを追加する

以下の手順により、スケーラブル運用されているワークユニットを、1つの業務として表示することができます。

ここでは、追加する業務の表示名とワークユニットを以下のように指定します。

監視ツリーの表示名

経理業務

業務の表示名

東京本社

追加するワークユニット(A-SV)

[KEIRI(EJB)-A]、[KEIRI(TD)-A]

追加するワークユニット(B-SV)

[KEIRI(EJB)-B]、[KEIRI(TD)-B]

追加するワークユニット(C-SV)

[KEIRI(EJB)-C]、[KEIRI(TD)-C]

 

  1. [Systemwalkerコンソール[編集]]を選択します。
  2. [ツリー選択]コンボボックスで[業務管理]を選択します。

  3. [ファイル]メニューから[監視ツリーの選択]を選択し、ワークユニットの監視に使用するツリーを選択します。業務管理ツリーが作成されていない場合には、監視用のツリーを作成します。

    ここでは、ツリー作成の手順を説明します。

    [ファイル]メニューから[監視ツリー作成]を選択します。
    →[監視ツリーの作成−業務管理]ダイアログボックスが表示されます。

  4. 以下の項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    [表示名]
    “経理業務”
    [作成方法]
    [新規作成]を選択します。

  5. 任意の業務を作成します。

    ツリーでツリーの頂点、または任意の業務フォルダを選択し、[オブジェクト]メニューから[業務の作成]を選択します。
    →[業務作成]ダイアログボックスが表示されます。

  6. [基本情報]タブを選択します。

    以下の項目を設定し、[OK]ボタンをクリックします。

    [表示名]
    “東京本社”
  7. 作成した業務に、スケーラブルで運用されているワークユニットを追加します。

    [オブジェクト]メニューから[追加]−[ワークユニットの追加]を選択します。
    →[ワークユニット追加]ダイアログボックスが表示されます。

  8. [フォルダ]のツリーから[Interstage]を選択します。

    [ワークユニット一覧]から業務に追加するワークユニットを選択し、[OK]ボタンをクリックします。ワークユニットは、複数選択できます。

    [フォルダ]
    [アプリケーション一覧]−[Interstage]
    [ワークユニット一覧]
    [KEIRI(EJB)-A]、[KEIRI(TD)-A]、[KEIRI(EJB)-B]、[KEIRI(TD)-B]、[KEIRI(EJB)-C]、[KEIRI(TD)-C]

    →業務にワークユニットが追加されます。

業務を追加することで、振り分けサーバ、および業務サーバを監視することができます。


目次 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 1995-2006