Systemwalker Interstage運用管理ガイド スケーラブル運用 - UNIX共通 - - Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 前ページ次ページ

第4章 設定> 4.3 ローリングアップデート(資源配付)> 4.3.1 Systemwalker Operation Managerでスケジュールする

4.3.1.1 システムを登録する

運用管理サーバから資源を配付する配付経路を定義します。

ここでは、配付先の業務サーバを定義します。

 

  1. Systemwalker管理者の権限またはAdministrator権限でログオンします。
  2. 運用管理サーバの[スタートメニュー]から、[Systemwalker Centric Manager]−[資源配付]を選択します。

    →[資源配付]ウィンドウが表示されます。

  3. 配付元の運用管理サーバを登録します。
    1. [対象システム]サブウィンドウで、[OWN]を選択します。
    2. [オブジェクト]メニューから[プロパティ]選択します。

      →[‘OWN’のプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

  4. [サーバ定義]タブを選択します。

    以下の項目を指定し、[OK]ボタンをクリックします。

    [サーバ名]
    “運用管理サーバ”

    →[対象システム]サブウィンドウの[OWN]が“運用管理サーバ”に変更されます。

  5. 配付先の業務サーバを登録します。
    1. [対象システム]サブウィンドウで、[運用管理サーバ]を選択します。
    2. [オブジェクト]メニューから[新規作成]−[サーバ]を選択します。

      →[サーバの追加]ダイアログボックスが表示されます。

  6. [サーバ定義]タブを選択します。

    以下の項目を指定し、[OK]ボタンをクリックします。

    [サーバ名]
    “業務サーバA-SV”
    [ノード名]
    “192.168.110.104”

    →[対象システム]サブウィンドウに、“業務サーバA-SV”が登録されます。

  7. 同様に、“業務サーバB-SV”、“業務サーバC-SV”を登録します。

    4.〜5.の手順を行ってください。

    →[対象システム]サブウィンドウに、“業務サーバB-SV”、“業務サーバC-SV”が登録されます。

ホスト名で設定する場合

ここでは、IPアドレスでの設定を行っています。
ホスト名で設定を行う場合は、[資源配付 サーバ環境設定]ダイアログボックスから定義の変更を行ってください。
詳細については、“Systemwalker Centric Manager 使用手引書 資源配付機能編”を参照してください。

目次 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 1995-2006