Systemwalker Interstage運用管理ガイド スケーラブル運用 - UNIX共通 - - Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 前ページ次ページ

第3章 機能> 3.2 ローリングアップデート(資源配付)> 3.2.1 Systemwalker Operation Managerでスケジュールする

3.2.1.1 資源の配付

Systemwalker Centric Managerの資源配付機能を利用してメンテナンス資源を作成・配付する方法を説明します。

配付する資源は“個別資源”として登録します。

メンテナンス時間に、アプリケーションサーバをInterstage Traffic Directorから1つずつ切り離し、保守(バックアップ、再起動)を行い、完了後Interstage Traffic Directorに組み込みます。

この作業を、Systemwalker Operation Managerからそれぞれのアプリケーションサーバに対し、スケジューリングして行うことにより、業務を止めずにメンテナンスが可能となります。

なお、新構成への切り替え時に同期を行う場合、アップグレード前とアップグレード後との切り替えを、最短で行うことができます。

以下に、スケーラブルモデルでのシステム構成について説明します。

■ソフトウェア条件

以下のサーバに、それぞれの製品を導入してください。

Systemwalker Operation Managerを利用し、メンテナンス作業を自動化することで自動運転が可能となり、業務に影響を与えずにSystemwalker Centric Managerの配付機能を利用できます。

Systemwalker Centric Managerで、スケーラブル運用している場合の資源配付の画面イメージを以下に示します。

メンテナンス対象の資源を個別資源で登録します。

登録した資源は、スケーラブルモデルを構成する、それぞれの業務サーバに配付します。

業務を停止しない、または停止時間を最小にするために、資源の配付と資源の適用を分けて行います。

はじめに、Systemwalker Centric Managerの資源配付機能で、各業務サーバへ資源の配付を行います。

資源の適用は、Systemwalker Operation Managerでスケジュールして行います。


目次 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 1995-2006