Systemwalker Centric Manager Interstage Application Server運用管理ガイド - UNIX共通 - - Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 前ページ次ページ

第3章 機能> 3.1 構成管理

3.1.3 ワークユニットオブジェクト情報の表示

■ワークユニットオブジェクト(オブジェクト詳細)

[オブジェクト詳細]ダイアログボックスで、ワークユニットオブジェクト情報を表示します。オブジェクト情報については、“ワークユニット情報の表示”を参照してください。

表示される項目は、ワークユニットの種別、運用によって以下のように異なります。また、ユーティリティアプリケーション、およびサーブレット・コンテナの場合、ワークユニットオブジェクトは存在しません。

表示項目

ワークユニット種別(*1)

詳細内容

CORBA

トランザクション

ラッパー(*2)

EJB

IJServer

非同期アプリケーション

EJBアプリケーションの形態

×

×

×

×

×

  • STATE Session
  • STATEFUL Session
  • Bean-managed persistence Entity
  • Container-managed persistence Entity
  • Message Driven Bean
  • EJB Container(*1)

常駐

×

×

×

×

×

アプリケーションの運用状態

  • 常駐型
  • 非常駐型
  • マルチオブジェクト常駐型

プロセス多重度

×

×

アプリケーションのプロセス多重度

スレッド多重度

×

×

×

×

×

インプリメンテーション定義のスレッド多重度

DPCF通信パス

×

×

×

×

×

ラッパー用のDPCF通信パス

待ちメッセージ数

×

×

待ち状態にあるメッセージ数

インスタンス数

×

×

×

×

インスタンス数

累積処理件数

×

処理された要求数の累積

最大キューイング数

×

キューイングできる要求の最大数

監視キューイング数

×

アラーム通知用の滞留キュー数監視値

監視再開キューイング数

×

キュー数が正常となったとみなすキュー数

IJServerのタイプ(*3)

×

×

×

×

×

IJServerのタイプ

  • 1VM
  • Web
  • EJB

プロセス多重度(EJB)(*3)

×

×

×

×

×

IJServerのタイプが“EJB”の場合のアプリケーションのプロセス多重度

プロセス多重度(Web)(*3)

×

×

×

×

×

IJServerのタイプが“Web”の場合のアプリケーションのプロセス多重度

プロセス多重度(1VM)(*3)

×

×

×

×

×

IJServerのタイプが“1VM”の場合のアプリケーションのプロセス多重度

○:表示可能

×:表示不可能

△:EJBの場合表示可能

*1):監視対象のワークユニットオブジェクトの表示は、Interstageのバージョンレベル、エディションによって異なります。詳細については、“管理対象ワークユニットのInterstageバージョンレベル、エディション”を参照してください。

*2):以下のInterstage製品の場合に表示されます。

*3)IJServerの場合に表示されます。

 

表示可能なワークユニットは、状態によって項目、および値が以下のように表示されます。

表示内容

表示項目

状態

表示されません

EJBアプリケーションの形態

EJBアプリケーションが停止中、閉塞中にアプリケーションが検出された場合(*1)

DPCF通信パス

Interstageで設定していない場合

最大キューイング数

ワークユニットの実行先

  • Solaris版 SystemWalker/CentricMGR 5.1以前
  • Windows版 SystemWalker/CentricMGR V5.0L20以前
  • Solaris版 INTERSTAGE 2.1以前
  • Windows版 INTERSTAGE V2.0L20以前

監視キューイング数

監視再開キューイング数

0

インスタンス数

EJBアプリケーションが停止中、閉塞中にアプリケーションが検出された場合(*1)

最大キューイング数

最大キューイング数の指定がない場合

監視キューイング数

監視キューイング数の指定がない場合

監視再開キューイング数

  • 監視キューイング数、監視再開キューイング数の指定がない場合
  • 監視キューイング数が1、監視再開キューイングの指定がない場合

取得不可

待ちメッセージ数

実行中以外の場合

累積処理件数

取得可

最大キューイング数

IJServerのタイプが“EJB”の場合

監視キューイング数

監視再開キューイング数

*1):ワークユニットの実行先が、以下の製品の場合に表示されます。


目次 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 1995-2006