Systemwalker Centric Manager IPCOM運用管理ガイド スケーラブル運用 - UNIX共通 - - Microsoft(R) Windows(R) 2000/Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 前ページ次ページ

第4章 設定> 4.4 IPCOMの監視

4.4.3 IPCOMのフェールオーバを監視する

IPCOMがホットスタンバイ構成時に、IPCOMの異常発生によって通知される、フェールオーバのメッセージを監視する方法について説明します。

■フェールオーバのメッセージ

IPCOMがホットスタンバイ構成時に、IPCOMの異常発生によって、フェールオーバする場合、以下のメッセージが通知されます。通知されるメッセージは、IPCOMのモデルによって異なります。

IPCOM S2000シリーズ

【Windows版】

AP:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112195 timestamp:yyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 45 0] The server started use with HOT-STANDBY mode.))
AP:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:38080580 timestamp:yyyyyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 55 0] The Server started use with only from HOT-STANDBY mode.))
AP:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112194 timestamp:yyyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 33 0] The server started use with only.))
AP:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112198 timestamp:xxxxxx varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 27 0] The server started working.))

【Solaris版またはLinux版】

UX:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112195 timestamp:yyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 45 0] The server started use with HOT-STANDBY mode.))
UX:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:38080580 timestamp:yyyyyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 55 0] The Server started use with only from HOT-STANDBY mode.))
UX:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112194 timestamp:yyyyyy varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 33 0] The server started use with only.))
UX:MpCNappl: ERROR: 106: ネットワークで事象が発生しました. (TRAP agent:xxx.xxx.xxx.xxx community:public generic:6 enterprise:aplISF.2 specific:40112198 timestamp:xxxxxx varbind:(fujitsu.1.127.59.102.1 [2 3 0] TBF)(fujitsu.1.127.59.102.2 [2 27 0] The server started working.))

IPCOM 150/300/310

【Windows版】

AP:MpApLink: WARNING: 106:HotStandby: ネットワーク・サーバは二重化から単独での運用を開始しました。

【Solaris版またはLinux版】

UX:MpApLink: WARNING: 106:HotStandby:ネットワーク・サーバは二重化から単独での運用を開始しました。

IPCOM 100

【Windows版】

AP:MpApLink: WARNING: 106:HotStandby: サーバは単独での運用を開始しました。

【Solaris版またはLinux版】

UX:MpApLink: WARNING: 106:HotStandby:サーバは単独での運用を開始しました。

IPCOM 500/1000

【Windows版】

AP:MpApLink: INFO: 106:HotStandby: 待機状態から運用状態への遷移が完了しました。

【Solaris版またはLinux版】

UX:MpApLink: INFO: 106:HotStandby:待機状態から運用状態への遷移が完了しました。

■フェールオーバの監視方法

フェールオーバを監視する場合、上記のメッセージを、イベント監視の条件定義で設定する必要があります。

設定方法については、“Systemwalker Centric Manager 使用手引書 監視機能編”を参照してください。

Systemwalker技術情報ホームページで提供しているSystemwalkerテンプレートを適用することで、重要なメッセージを自動的に設定し、IPCOMのフェールオーバを監視することができます。

Systemwalkerテンプレートの適用に関する詳細は、“Systemwalker Centric Manager 入門ガイド イベント監視編”、およびSystemwalkerテンプレートに添付されているreadmeを参照してください。

必要に応じて、システム管理者にメールで通知するなどのアクションを設定してください。アクションの設定方法については、“Systemwalker Centric Manager 使用手引書 監視機能編”を参照してください。

 


目次 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright (C) 富士通株式会社 1995-2006