Systemwalker Centric Manager 入門ガイド Windows編 - Microsoft(R) Windows(R) 2000/ Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 -
目次 索引 前ページ次ページ

第2章 インストールを実施する

2.3 業務サーバのインストール

業務サーバをWindows(R) 2000 Serverにインストールする手順について説明します。ここでは、リモート操作機能を利用するため、リモート操作クライアントをインストールする手順も加えて説明しています。

インストールの手順は、運用管理サーバのインストールとほぼ同じです。図を省略しているところがありますので、必要に応じて“運用管理サーバのインストール”を参照してください。また、インストール時に指定するログオン先、インストール先、スタートアップアカウントについては、運用管理サーバのインストールと同じ注意が必要です。

Windows(R) 2000のドメインに所属している場合

Windows(R) 2000のドメインに所属し、業務サーバをインストールするコンピュータが、プライマリドメインコントローラ(PDC)やバックアップドメインコントローラ(BDC)ではない場合は、ログオン先にローカルコンピュータを指定してログオンしてください。

CD-ROMドライブのパス

1枚目のCD-ROMと2枚目のCD-ROMが、同一ドライブの同一パスとなるようにしてインストールを行ってください。
  1. Windows(R) 2000にログオンします。
    業務サーバをインストールするコンピュータのWindows(R) 2000に、ローカルグループのAdministratorsグルーに所属するユーザ名で、ログオンします。
  2. インストールを開始します。
    Systemwalker Centric ManagerのCD-ROMを装置にセットすると、インストールプログラムが自動的に起動されます。セットアップ画面で“インストール”をクリックし、“Systemwalkerセットアップへようこそ”の画面が表示されたら、[次へ]ボタンをクリックします。
  3. インストール種別とオプションを選択します。
    1. 以下の画面で、インストール種別を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
      ここでは、以下のように指定します。
      • [インストール種別]:[業務サーバ]

      インストール種別とインストールされる機については、“Systemwalker Centric Manager導入手引書”を参照してください。

    2. 以下の画面でインストールする機能を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

    3. 以下の画面では、[OK]ボタンをクリックします。
  4. インストール先を指定します。
    “インストール先ディレクトリの指定”画面でインストール先を確認し、[次へ]ボタンをクリックします。必要な容量が空き容量よりも大きい場合は、インストール先を変更してください。

    FATファイルシステムでフォーマットされているドライブにインストールする場合

    FATファイルシステでフォーマットされているドライブにインストールする場合、FATファイルシステムの特性によりNTFSでフォーマットされているドライブより多くのディスク容量が必要になります。このため、選択したドライブによって“必要なディスク容量”が異なるので注意してください。

  5. サービスのスタートアップアカウントを指定します。
    “スタートアップアカウントの登録”画面で、Systemwalker Centric Managerのサービスプログラムを起動する時の[アカウント名]と[パスワード]を指定し、[次へ]ボタンをクリックします。
    1. ここでは、以下のように指定します。
      • [アカウント名]:“systemwalker”
      • [パスワード]:“unyoukanri”
    2. 新規アカウントの場合は、再度パスワードを指定し、[OK]ボタンをクリックします。
  6. イベント通知先を設定します。
    以下の画面でイベントの通知先と、通知先への接続方法を指定し、[次へ]ボタンをクリックします。
    ここでは、以下のように指定します。
    通知先は、“10.124.120.13”の運用管理サーバです。

  7. 自ホスト名取得方法を設定します。
    以下の画面で、業務サーバのホスト名取得方法を指定し、[次へ]ボタンをクリックします。
    ここでは、以下のように指定します。

    ここで指定したホスト名は、Systemwalkerコンソールで、ホスト名を表示する設定にしたときや、通知したイベント内の表示名欄で表示されます。

  8. ファイルコピー前の確認をします。
    “ファイルコピーの開始”画面が表示されます。指定した内容を確認し[次へ]ボタンをクリックすると、インストールを開始します。
  9. 以下の画面が表示されたら、2枚目のインストール媒体(CD-ROM)をCD-ROMドライブに挿入し、[OK]ボタンをクリックします。

  10. コンピュータを再起動します。
    インストールが終了すると、コンピュータの再起動を行うかどうかの確認画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。

スタートアップアカウントとは

システムの各種サービスプログラムを起動する時に使用されるアカウントを、スタートアップアカウンといいます。

業務サーバをWindows(R) 2000 Serverにインストールすると、指定したアカウントがスタートアップアカウントとして登録されます。

また、指定したアカウントに対して以下の設定を行います。

なお、バックアップドメインコントローラにインストールする場合は、既存のユーザを指定してください。新規ユーザを指定した場合、アカウントがすぐに登録されないため、インストールに失敗する場合があります。


目次 索引 前ページ次ページ

All Rights Reserved, Copyright(C) 富士通株式会社 1995-2006