GTM-W5W3BK9
Skip to main content

QCM腐食センサー

富士通研究所の開発した「QCM腐食センサー」は、腐食の度合いを数時間で診断できる上、腐食の進み方の時間変化を捉えることが可能です。本品を使用して測定環境の時間変化(日内変動、設備稼働変化)と腐食の進み方の関係を調査することで、腐食性物質の発生源を推定することができます。

QCMの測定原理

QCM(水晶振動子微小天秤)の表面に被覆した金属電極の腐食を、QCMの共振周波数変化から算出できる重量変化としてリアルタイムに確認できます。

当社のQCMは共振周波数25MHzの素子を使用し、0.7 ng/cm2/Hz の極めて高い感度で重量変化を測定できます。

(QCMでは腐食性物質の種類を特定することはできません。 エコチェッカ II で腐食性物質を特定してください。)

QCM腐食センサー001

QCM腐食センサーの特長

銀、銅のQCMを使用

電子機器に使用する金属材料の中で特に腐食が問題になりやすい銀、銅をQCMの電極として用いています。

様々な場所で測定するために…

屋外、装置内部、遠隔地など様々な場所で腐食環境を測定するための機能を備えています。

  • 内蔵メモリにデータ保存
    (通信遮断時は内蔵メモリに自動保存)
  • Liイオン電池による長時間動作
  • 温湿度センサー内蔵
  • ワイヤレス・リアルタイム通信機能
    通信可能距離 100m (Typ.)
  • コントローラ1台でセンサー10台を制御
  • 小型・軽量なセンサーユニット
QCM腐食センサー002

QCM腐食センサーに関するお問い合わせはこちらからご連絡ください。

腐食環境の評価事例

腐敗物からの発生ガスによる電極腐食を防止するため、腐敗ガス除去設備を設置した時の導入効果をQCM腐食センサーを用いて確認した事例です。

未対策エリアでは電極の重量が急速に増加する腐食性の高い大気でしたが、対策エリアでは重量変化が大幅に抑制されていることから腐敗ガス除去設備の効果が得られていることを数時間で確認することができました。

QCM腐食センサー003

環境診断の流れ

QCM腐食センサーを用いた環境診断・分析サービスの基本的な流れは以下の通りです。
(当社にて測定結果を解析し、報告書を提出いたします)

  1. お打合せ・要件定義
  2. QCM腐食センサー設置
  3. モニタリング
  4. QCM腐食センサー回収
  5. 解析・報告書提出
QCM腐食センサー004

QCM腐食センサーを用いた腐食環境診断は、調査条件(QCM設置地点、測定時間など)をお客様とご相談して決定して参ります。そのため、本サービスの価格は個別見積となっております

QCM腐食センサーを用いた腐食環境診断に関するお問合せはこちらからご連絡ください。なお、お問合せ、お見積りは無料です。

お問い合わせ

富士通総合質量技術(蘇州)有限公司

TEL:0512-6832-0107

受付時間 : 平日9時~17時(土曜?日曜?祝日?当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-tel 電話 :0512-68320107 18913544883

icon-mailE-mail:lijuhua@cn.fujitsu.com;wangkehu@cn.fujitsu.com