GTM-W5W3BK9
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ニュース >
  4. プレスリリース >
  5. 2009 >
  6. 「富士通総合質量技術(蘇州)有限公司」を設立

「富士通総合質量技術(蘇州)有限公司」を設立

~電気・電子製品の品質保証・RoHS規制などの環境保証サービスを中国で提供~

富士通総合質量技術(蘇州)有限公司

苏州, 2009-01-19

富士通クオリティ・ラボ株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:木村 弘正、以下、富士通クオリティ・ラボ)はこのたび、中国から電気・電子部品を調達している日本のセットメーカー向けに、電気・電子部品の品質保証サービスおよびRoHS規制(1)などの環境保証サービスを中国で提供する「富士通総合質量技術(蘇州)有限公司」を2009年1月7日に設立しました。新会社は、設立と同時に、サービスの提供を開始し、セットメーカーの中国における電気・電子部品の品質監査業務の効率化や製品品質の向上を支援するとともに、今後は、中国国内の電気・電子製品メーカーに対し、品質改善コンサルティングなどを行い、品質・信頼性向上に向けた支援を行う予定です。

富士通クオリティ・ラボは、富士通株式会社が約70年にわたるものづくりの中で蓄積してきた品質に関わるノウハウを活かし、電気・電子製品のセットメーカーに、部品や材料などの信頼性評価や故障解析サービス、品質向上やコストダウンを実現するためのコンサルティングサービスを提供する会社として、2006年8月に設立されました。昨今、中国製部品の採用が高まる中、製品品質を高めるためには、部品レベルでの品質評価・材料分析およびサプライヤーの品質監査が必須であり、特にサプライヤーに対する現地での品質監査業務がセットメーカーの大きな負担となっていました。

このような課題を解決するために、富士通クオリティ・ラボは、日系企業が多々進出している中国江蘇省に「富士通総合質量技術(蘇州)有限公司」を設立し、日本のセットメーカーが現在個々に行っている、中国の電気・電子部品のサプライヤーに対する品質監査や環境監査を行うサービスを開始します。これにより、同一サプライヤーへの監査業務を一括して行えるため、日本のセットメーカーの品質監査業務や環境監査業務を大幅に効率化することが可能になります。

さらに、富士通クオリティ・ラボは、今後、中国国内メーカーの品質検証、故障解析、品質改善コンサルティング・教育、材料分析、環境分析などの業務を行っていくために、中国国内メーカーの品質向上を担う政府系強制検査機関「無錫出入境検験検疫局(2)」と同局の「江蘇出入境検験検疫局機電製品検査センター」との共同試験所の設立に向けて、2008年9月に基本合意しました。今後、本試験所を通じて、日系企業を含めた中国国内の電気・電子製品メーカー各社の品質、信頼性向上にも貢献していきます。

富士通総合質量技術(蘇州)有限公司の概要

  1. 商号:富士通総合質量技術(蘇州)有限公司
        (日本語名:富士通クオリティ・ラボ(蘇州)有限公司)
        (英語名:Fujitsu Quality Laboratory (Suzhou) Ltd.)
  2. 本社所在地:中国江蘇省蘇州市高新区科霊路2号(蘇高新ソフトパーク内)
  3. 代表者:董事長 木村 弘正
       (富士通株式会社 特別顧問 兼富士通クオリティ・ラボ代表取締役社長)
        総経理 亀原 伸男(富士通クオリティ・ラボ技術顧問)
  4. 事業内容:
    space
    • 品質保証サービス
      製品検査、信頼性評価、故障解析、材料分析、障害対策、部材メーカー品質監査、品質改善コンサルティング、教育訓練および関連サービス
    • 環境保証サービス
      環境分析(腐食性ガス、VOC(3)、アスベスト)、RoHS規制関連分析および管理システム監査、教育訓練および関連サービス
  5. 設立:2009年1月7日
  6. 営業開始:2009年1月7日
  7. 資本金:100万USドル(富士通クオリティ・ラボ全額出資)

「富士通総合質量技術(無錫)試験所」の概要

  1. 所在地:中国江蘇省無錫市錫山区東亭華夏中路10号 無錫出入境検験検疫局 総合技術大楼
  2. 電話:503室 (+86) 510-8821-9802 (总机)
       207室 (+86) 510-8821-9866 (前台)
  3. FAX:(+86) 510-8821-9803
  4. 所長:亀原 伸男
      (富士通総合質量技術(蘇州)有限公司 総経理)
  5. 事業内容:製品検査、品質検査、信頼性評価、材料分析、環境分析、教育訓練、コンサルティング

富士通クオリティ・ラボ株式会社の概要

  1. 本社所在地:神奈川県川崎市中原区上小田中4丁目1番1号
  2. 代表者:代表取締役社長 木村弘正(富士通株式会社 特別顧問)
  3. 事業内容:製品開発、障害未然防止・障害対策等に関連した部品の信頼性評価・故障解析・サプライヤー監査・CMMI(4)に基づく開発プロセス改善、コンサルティング、および各種材料分析・環境分析サービスの提供、教育支援など
  4. 設立年月日:2006年8月1日
  5. 資本金:1億円(富士通全額出資)
  6. 従業員数:154名

関連リンク

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上


  • [1] RoHS規制:

    欧州連合(EU)による電気電子機器に含まれる特定有害物質(6物質群)の使用制限に関する指令。2006年7月施行。

  • [2] 無錫出入境検験検疫局:

    所在地:中国江蘇省無錫市錫山区東亭華夏中路10号中国国内企業が製品を輸出入する場合、同局の許認可を必要とするが、この許認可を与えるために現品での強制検査(安全、環境、品質)を実施している政府系強制検査機関。江蘇出入境検験検疫局機電製品検査センターの取り扱い製品は、電気、機械製品全般で、江蘇省全域の所轄企業数は2,000社以上を有する。なお、同局の繊維製品部門では、日本の繊維検査機関との共同試験所を同局内に設立している。

  • [3] VOC:

    volatile organic compounds(揮発性有機化合物)の略。揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称。各国の法令で排出が規制されている。

  • [4] CMMI:

    Capability Maturity Model Integrationの略。システム開発プロセスの評価・改善を行うためのガイドライン。米国カーネギーメロン大学ソフトウエアエンジニアリング研究所で開発されたプロセス改善成熟度モデル。

電話: 電話: 044-754-2625 (直通)
会社:富士通クオリティ・ラボ株式会社
事業推進グループ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

日付: 2009-01-19
シティ: 苏州
会社: 富士通総合質量技術(蘇州)有限公司, 富士通株式会社