Skip to main content
  1. ホーム >
  2. ヒューマンセントリックAI
Human Centric AI

ヒューマンセントリックAI

人工知能のテクノロジーは、複雑なプロセスを人間に頼らずに自律的に処理できるようにします。現在、機械学習とディープラーニングがしばしばメディアで取り上げられますが、これらはパズルの重要な一部に過ぎません。人間の認知は、目や耳などの感覚器官、神経ネットワーク、脳、さらには外部環境まで含めた複雑な相互作用を通じて生成されるものです。人工知能の実現には、知覚、推論、判断、学習、コミュニケーション、動作のコントロールなどを包含した広範囲な知的能力を組み合わせて相互に作用させる必要があります。

富士通は人工知能の包括的なフレームワークの下で重要な技術を開発しています。このフレームワークをヒューマンセントリックAI、「Zinrai(ジンライ)」と呼んでいます。富士通は、機械学習、ディープラーニング、映像認識など、人工知能を構成していく先端技術をデジタルソリューションやサービスに組み込んで提供してきます。

多くの人々が人工知能を人間のライバルだと考え、その危険性について警鐘を鳴らしています。こういった見方は尊重すべきものですが、富士通は、別の角度から、人工知能は私たちの生活をもっと豊かにする可能性を持っていると考えています。ただし、ヒューマンセントリックなアプローチを取ることが、これまで以上に重要となります。大事なことは、人々の活動の中に人工知能の技術を自然に組み込んで統合していくことです。これによって、人々は煩雑な作業や退屈な仕事から解放される一方で、重要な意思決定について大きなサポートを得ることができます。

ヒューマンセントリックAI Zinrai

富士通は、テクノロジーの最も重要な使命は人に力を与えて、誰もがより充実した生活を送ることができるようにすることだと考えています。私たちは、人と人工知能が自律的に協調し、これまで想像できなかったブレイクスルーを実現するような未来の創造に向けて活動しています。私たちが考えるそういった人工知能のあるべき姿を、ヒューマンセントリックAIと呼んでいます。

Human Centric AI

人々の豊かな生活やビジネスの高度化をサポートする、人と協調するAI「Zinrai」

特集:進化を続ける人工知能

Human Centric AI

Deep Learning適用で「データキュレーションサービス」を強化
国内最大級のコスメ情報サイト「Hapicana」で顔画像を活用した新サービスを開発

富士通総研コラム:古くて新しい、そして進化するAI

人工知能(AI)~マーケティングでの利用が進む理由と価値~

ヒューマンセントリックAIの詳細の内容はFujitsu Technology and Service Vision 2016 Book1.でご紹介しています。 [ダウンロード]

ビジネスを成長させるためには?(ビジネスリーダーの方におすすめ)

デジタル革新を実現させるためには?(ITリーダーの方におすすめ)

5分でわかるデジタル革新

GTM-NPL52N