GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. テックショップ 様
TechShop, Inc.

メーカー・ムーブメントを牽引し、永続的にイノベーションを生み出す社会に

テックショップ様

Human Centric Innovation Human Centric Innovation

ものづくりの“場”を提供するテックショップは、ものづくり体験をあらゆる年齢の生徒に提供する新たな取り組み「TechShop Inside! - Powered by FUJITSU」を富士通と共同で開始。テックショップはアイデアを手で触れられる形にするために必要なツールを安全な形で提供し、子供たちの創造性を豊かに。その面白さを体験した子供たちが、生涯を通じてモノづくりで社会に貢献することを期待。

PDFをダウンロードする (4.77 MB)


オープンなモノづくり環境でアイデアと革新の距離を短縮

TechShop, Inc.様(以下、テックショップ)は、モノづくりを通して革新を促す「メーカー・ムーブメント」のパイオニア企業です。誰でも月額125ドルで利用できる工房を全米8カ所に展開しています。

テックショップが手掛ける工房の最大の特徴の一つに、多様な人材を惹きつける環境があげられます。工房には、旋盤をはじめとする工作機械や3次元(3D)プリンタに代表される最新のデジタル工作機やデザインソフトウェアなど、モノづくりに必要な道具が一式そろっています。こうした工場さながらの環境を安価に活用できることから、起業家やクリエイター、デザイナー、ホビイスト、学生など様々な人々を魅了しています。モノづくりのハードルを引き下げると共に、バラエティに富んだアイデアや専門的な知識を融合できる。そのようなDIY(注1)の工房からはアイデアが手に触れられる形になって次々と誕生しています。

スマートフォンやタブレットにカードリーダーを装着してクレジット決済を行う「Square(スクエア)」は、その一つです。当初は資金集めの面で商品化に苦労していましたが、テックショップでプロトタイプを完成させた後、実物を見た投資家から資金を得ることに成功しました。生後1時間以内に保育器に入れないために命を落としていた発展途上国の未熟児を救うために開発されたポータブル乳児保温器「Embrace(エンブレイス)」もまた、テックショップで生まれた発明品で、その後の5年間で10万人以上もの子供を救うことができるようになりました。

アイデアはあるけど形にする術がない。そのために日の目を見ることなく埋もれていったイノベーションは、世界中に数多くあったでしょう。テックショップはイノベーションを阻む壁を取り去ることで人が生まれながら持っている創造力の羽を広げるプロトタイプの場を提供しているのです。

世界初の移動式オープン工房で子供のモノづくり機会を創出

人をエンパワーできる環境さえ整えば、誰もがイノベーションの牽引役になれる。子供だって例外ではありません。むしろ、大人では思いつかないような柔軟な発想を持つ子供たちにこそモノづくりの魅力を体験してもらい、永続的なイノベーションを担っていってもらう必要があります。そう考えた富士通とテックショップは2014年12月、世界初の移動式オープン工房を提供する取り組み「TechShop Inside! - Powered by FUJITSU」を米国サンフランシスコにおいて発表し、運営を始めました。これは全長約7メートルのトレーラーを使った移動式の工房で、内部には手工具や3Dプリンタ、レーザーカッター、富士通製のノートパソコンやタブレットなどテックショップの工房と同等の環境が詰まっています。

このトレーラーそのものもまた、テックショップに集まった個のアイデアの結晶です。例えば、テックショップと富士通が最もこだわったデザインには、対象として想定している8~17歳向けのモノづくり教育で実績がある人材が、開発当初から全面的に協力。初めてでも簡単かつ安全に操作できるような工作機械を選定し、子供がモノづくりを楽しめるように配慮しています。

TechShop Inside! - Powered by FUJITSUは全ての機器をトレーラーから持ち出せる構造をしていますが、このアイデアもテックショップの議論で生まれました。トレーラーに入れる子供の人数は限られていますが、広いスペースに工房を再現すればより多くの子供たちがモノづくりに臨める、と考えてのことです。

モノづくりを通して社会に貢献

TechShop Inside! - Powered by FUJITSUを体験した子供たちが感じたモノづくりの面白さは、想像以上だったようです。トレーラーに乗り込んだ子供たちがいつまで経ってもモノづくりの手を休めず、外に出てこない光景は珍しくありませんが、これは子供達に限ったことではありません。TechShop Inside! - Powered by FUJITSUのお披露目会で、集まった約100人の教育者や研究者、行政関係者は、トレーラーからなかなか離れようとしませんでした。そのために予定していた次のイベントの開始時刻が、1時間後ろにずれ込んでしまったほどです。最新のデジタル工作機を目にすることによって、モノづくりの本能が呼び起こされてしまったようです。

テックショップは、子供にも大人にもモノづくりを通じてイノベーションを創造する場を提供しています。それを経験した人達が創造性を豊かにし、どんな形であれモノづくりを通して広く社会に貢献していくことに期待しています。子供たちにとって、TechShop Inside! - Powered by FUJITSUでのモノ作りの体験学習は、非常に印象に残るものになっています。ここから、生涯に渡ってモノづくりに貢献していく人材も生み出されていくことでしょう。

  • (注1)DIY:Do It Yourselfの略。専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること

お客様情報

所在地 カリフォルニア州サンノゼ(アメリカ)
設立 2006年
従業員数 160人以上
URL http://www.techshop.ws/Open a new window

[ Published in 2015 ]

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞などは掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。また、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


教育の事例


  • ビジネス・リーダーが成果を生み出すための共創とは?bnr-184x230-book1-jp.jpg
  • テクノロジー・リーダーがデジタル技術を活用して共創を主導するには?bnr-184x230-book2-jp.jpg
  • 5分で分かるDigital Co-creationbnr-184x230-slide-jp.jpg

ビジネス・リーダーが成果を生み出すための共創とは?

テクノロジー・リーダーがデジタル技術を活用して共創を主導するには?

5分で分かるDigital Co-creation

GTM-NPL52N