GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. ズベルバンク(ロシア連邦貯蓄銀行) 様
Sberbank

キャッシュレス、コンタクトレスの決済で
子供達と両親に安心と安全を

ズベルバンク(ロシア連邦貯蓄銀行)様

限られた時間の中で子供達に食事を提供しなければならない食堂では、スピードが命です。富士通のPalmSecureは、支払いの自動化で処理時間を短縮してくれました。また、食事の購入履歴を保護者が確認でき、ファストフードやお菓子にお小遣いが使われていないかも把握できます。

Yana Pavlova,Head of Customer Relations, Sberbank

Human Centric Innovation Human Centric Innovation

ズベルバンクは、学校の食堂での注文を安全に処理できる信頼性の高いシステムを提供したいと考え、非接触型のID認証プラットフォームである富士通のPalmSecureを採用、40校以上の学校に導入。子供達は、現金を持ち運ぶ必要がなくなり、リスクを最小限に抑えることが可能に。食堂の待ち行列の短縮につながり、お昼休み中に確実に昼食が食べられる時間を確保。また、両親は子供達の学校での食生活や食費の確認が可能に。

PDF(Book2)をダウンロードする (4.23 MB)


学校での昼食の支払いをもっとスマートに

ズベルバンクは、ロシア最大の商業銀行で銀行市場の3 分の1 を占めており、傘下に14 の地方銀行、16,000 以上の支店を展開しています。ズベルバンクには資格を持った専門スタッフが26万人以上在籍しており、個人顧客向けに預金やローン、保険、仲介サービスなどを幅広く提供しています。

ズベルバンクにとって、学校は重要なお客様のうちの1つです。ロシアでは、80%の子供達が現金で昼食代を支払い、残りの多くはクレジットカードで支払っています。しかし、現金はなくしたり盗難に遭ったりしやすく、健康に良くない食べ物を買うために使われることもあります。一方、クレジットカードは、破損や紛失の可能性があります。ズベルバンクは、より効率良く、かつ安全に学校内で食べ物が購入できる方法を導入したいと考えていました。

ズベルバンクのカスタマーリレーション部長のYana Pavlova様は次のように話します。

「現金はお菓子を買うために使われたり、盗まれたりする可能性があったため、私達は昼食代をもっとスマートに管理できる方法があるのではないかと考えました。モバイル決済も検討しましたが、全員が携帯端末を持っているわけではありませんでした。」

様々な生体認証ソリューションを検討した結果、富士通のPalmSecureに行き着きました。信頼性が高く、非接触型でコストパフォーマンスの良い認証ソリューションを実現するための必要条件を満たしていました。

「指紋認証は、物理的な接触が発生するため、保護者から衛生面で懸念の声が上がり、虹彩認証は認証成功率が期待値に届かず、目に悪いのではないかという心配も寄せられました。そこで、直感的に使える非接触型決済と、最適な認証率を備えたPalmSecureが選ばれたのです。」

40校、26,000人の昼食の支払いを迅速に処理

富士通のPalmSecureセンサーは、近赤外線で手のひらの静脈パターンを取得し、登録ユーザーの手のひらの静脈パターンと照合します。PalmSecureの他人受入率は0.00001パーセントで、本人拒否率はわずか0.01パーセントです。小型のデバイスで、通常1秒未満という超高速認証を実現しています。

「2つの学校で100人の子供達を対象に検証しましたが、食堂を迅速かつ効率良く運営できるシステムであることがすぐに分かりました。現在は40校、26,000人の子供達を対象にシステムを展開し、今後は全国に展開する予定です。」

ズベルバンクはロシアのITパートナーおよび富士通と共に、PalmSecureリーダーを各校に2台ずつ設置し、子供達の手のひら静脈を記録管理しています。1つの学校のシステムを立ち上げるまでに1ヵ月もかかりません。

「導入のシンプルさは、プラグアンドプレイに近いものがあり、迅速に展開区域を広げることができます。現在、食堂ごとに平均で1日あたり3万ルーブルを処理しています。」

両親と子供達に安心と安全を提供

富士通PalmSecureは、食堂の運営方法を一変させました。サービスを合理化し、待ち時間を短縮しただけでなく、子供達が購入したものを自動的に保護者に通知してくれます。

「保護者が購入履歴を確認できるので、ファストフードやお菓子にお小遣いが使われていないかも把握できます。SMSか電子メールによる通知のいずれかを選択でき、購入履歴に基づく食生活の提案につなげることもできます。」

保護者と子供達はインターネットやズベルバンクの支店から無料で仮想口座にチャージできます。ズベルバンクにとっては他行からのチャージに対して少額の手数料を請求することで、新たな収益も得られています。「包括的な認証ソリューションのおかげで、子供達は現金を持ち歩く必要がなくなり、安全性が向上しました。また、保護者は子供達の食生活を垣間見られるようになり、食生活の改善につながるようになったことに加え、学校は子供達の購入パターンをこれまで以上に把握できるようになりました。」

「銀行カードは紛失したり盗難に遭ったりすることが多いので、この認証ソリューションは銀行店舗で口座にアクセスする際の有望かつ長期的な代替案になり得ます。食料品店でも既に運用試験を行っており、お客様やオーナー様から非常に前向きなフィードバックをいただいています」とPavlova様は語ります。「富士通は、直感的に操作できるイノベーションで複雑さを解消し、成果をもたらしてくれました。PalmSecureのおかげで、多くの子供達に安全で安定した決済システムを提供することができています。」

お客様情報

所在地 モスクワ(ロシア)
設立 1841年
従業員数 26万人以上
URL http://www.sberbank.ruOpen a new window

[ Published in 2016 ]

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞などは掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。また、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


金融の事例


  • ビジネス・リーダーが成果を生み出すための共創とは?bnr-184x230-book1-jp.jpg
  • テクノロジー・リーダーがデジタル技術を活用して共創を主導するには?bnr-184x230-book2-jp.jpg
  • 5分で分かるDigital Co-creationbnr-184x230-slide-jp.jpg

ビジネス・リーダーが成果を生み出すための共創とは?

テクノロジー・リーダーがデジタル技術を活用して共創を主導するには?

5分で分かるDigital Co-creation

GTM-NPL52N