Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 株式会社レオパレス21 様
Leopalace21

アパートの屋根を“発電所”に 仮想メガソーラーで社会貢献

株式会社レオパレス21 様

富士通と共に臨んだ実証実験と、全国に分散した設備を遠隔監視するICTインフラにより、環境負荷の少ない社会の実現に大きく貢献できました。

執行役員 経営企画本部 事業企画部長 蘆田 茂 様

Human Centric Innovation Human Centric Innovation

レオパレス21は、全国各地のアパートの屋根に太陽光発電設備を設置し、仮想的な大規模発電所として運転する、新発想のメガソーラービジネスを開始。運転管理および保守点検にICTインフラとして富士通の「Venus Solar」を採用し、アパート4,500棟に分散した設備の稼動状況を1分単位で遠隔監視。発電量の低下原因を把握して、発電の機会損失を防ぐことにより、メガソーラーの運用効率を向上。

PDF(Book2)をダウンロードする (4.23 MB)


アパートの屋根を発電に活用 仮想メガソーラーで社会貢献

株式会社レオパレス21様(以下、レオパレス21)は、不動産賃貸の大手企業です。土地オーナーに土地の有効活用を提案してアパートなどの建築を請け負い、完成した建物を一括で借り上げて管理するとともに、各戸を賃貸するビジネスを全国で手がけています。最近は海外での事業展開も積極的に推し進めており、タイやベトナム、フィリピンをはじめとする東南アジアに現地法人を設立し、不動産仲介サービスを提供しています。

レオパレス21が、今一層の社会貢献を果たすべく注力しているのがエネルギー事業です。同社が借り上げているアパートの屋根を、環境負荷が少ない再生可能エネルギー電源を用いた“発電所”として有効活用するというものです。2015年9月時点で4,500棟のアパートの屋根に太陽光発電設備を設置し、総出力70メガワット規模の仮想メガソーラー「ルーフメガソーラー」を運営しています。

「人」との偶然の出会いが新ビジネス開始に
立ちはだかった壁を打ち破る契機に

一般家庭1万8,000世帯以上の年間消費量に相当する電力を低環境負荷でつくり出せる規模に達したルーフメガソーラーですが、太陽光発電設備の設置にアパートオーナーの了承を得ることは、想定どおりには進みませんでした。アパートオーナーは安定した家賃収入を得ていたこともあり、自ら追加投資する形態での発電設備の設置に前向きとは限らなかったからです。

また、アパートオーナーの快諾を得ても、戸建て住宅や大規模ソーラー向けと異なり、アパートの屋根に設置する中小規模向けの運用保守サービスは充実していなかった点も大きな懸念材料でした。

このような壁を乗り越え、エネルギー事業を急進させる契機になったのは、「人」との出会いでした。「たまたま当社で管理する住宅に住んでいた富士通社員から、アパートオーナーに屋根を借りて発電する『屋根借り』のアイデアの提案を受け、一気に道が開けました」とレオパレス21の蘆田茂 執行役員は話します。

共同検証で新事業モデルを確立 最新ICTで全国の設備を遠隔監視

Monitoring power generation

アパートの屋根で発電した電力は全量、大手電力会社に固定価格で販売し、その収入の一部を屋根の賃料としてアパートオーナーに支払います。そうすることでアパートオーナーが初期投資を一切負担しなくて済むどころか、新たな収入を得ることができます。加えて、多くのアパートオーナーから協力を得ることが再生可能エネルギーの導入促進につながり、環境負荷の少ない社会の実現に近づく――。

レオパレス21と富士通が共同で考えたこのビジネスモデルは福島県における実証実験として採択され、2012年9月から同県内70棟のアパートで検証がスタートしました。点在するアパートの屋根に設置した中小規模の太陽光発電設備をICTで束ねて仮想メガソーラーとして運営するノウハウを蓄積すると同時に、「屋根借り」のモデルが低環境負荷社会の実現に有効であることを確認しました。

この成果を足がかりにレオパレス21はルーフメガソーラー事業を本格化しました。新設したグループ会社を通じてアパートの屋根に3年間で4,500台の太陽光発電設備を設置し、発電・販売する電力量を増やしてきました。

富士通はインフラ面からレオパレス21のルーフメガソーラー事業を支えています。レオパレス21のニーズを汲み取り、工場やビルの遠隔監視・制御で長年にわたり培ってきたノウハウと福島県の実証実験で得た知見を活用して、太陽光発電遠隔監視ソリューション「Venus Solar」を新たに開発しました。アパート1棟につき4~5台設置する太陽光発電の基幹装置「パワーコンディショナー(パワコン)」ごとに、1分単位の発電量をデータセンターに集約して可視化しています。

「発電量の低下が気象や周辺の建物の影などによるものなのか、設備の不具合によるものなのか、全国各 地にある設備の状態をセンターで正確に監視できるようになりました。同じアパートの屋根に設置した設備にもかかわらず、パワコンごとの発電量に顕著な差が見られれば、装置故障の可能性が高いと判断できます。」蘆田様は、Venus Solarできめ細かい設備監視が可能になった成果をこのように説明します。「この設備監視によって装置故障による発電の機会損失を防ぎ、安定した収益の創出につながっています。」

レオパレス21は今後も社会貢献の取り組みを加速させていく方針です。例えば、太陽光発電の導入を検討するアパートオーナーが発電量や経済性を事前に正確に把握できるようにするため、全国5,000カ所近くに分散して稼動するルーフメガソーラーの発電量のデータを公開することを考えています。「富士通には、これからもサポートをお願いしたいと考えていますし、次の新たな事業の提案をしてくれることを期待しています。」

お客様情報

所在地 東京都中野区本町2丁目54番11号
設立 1973年
従業員数 7,765人(2015年12月31日時点)
URL http://www.leopalace21.co.jp/Open a new window

[ Published in 2016 ]

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞などは掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。また、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


その他の事例


ビジネスを成長させるためには?(ビジネスリーダーの方におすすめ)

デジタル革新を実現させるためには?(ITリーダーの方におすすめ)

5分でわかるデジタル革新

GTM-NPL52N