GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. インフラストラクチャーソリューション >
  4. 富士通の総合システム開発体系「SDAS」

富士通の総合システム開発体系「SDAS」

SDAS(エスダス)(注1)は、開発期間短縮を実現し、お客様のビジネスのスピードアップに貢献する為の総合システム開発体系です。

新しい「SDAS」は、「短期間・高品質」のシステム開発を実現するとともに、「オープン性・国際標準」「ライフサイクル全般でのシステム最適化」「エンジニアリングとマネジメントを両輪とするプロジェクト遂行」を特長としています。 これにより、システム開発期間を従来と比べ、概ね半減することが可能となり、ITの観点から、お客様のマーケットの動きを先取りしたビジネス展開を支援していくことで、競争優位確保に貢献します。

システム開発を「要件定義」「設計」「構築」「テスティング」の4フェーズに分け、それぞれのフェーズを最短化する開発手法、標準技術に基づくツール群およびテンプレートを適用することで、トータルの期間短縮を実現します。

注1 SDAS:
System Development Architecture & Support facilities。 1987年に当社が発表したお客様のアプリケーション開発における生産性向上を実現するための開発体系です。

図解: 総合システム開発体系「SDAS」の全体像