GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 業種・業務 >
  3. 業種別ソリューション >
  4. 自治体 >
  5. 自治体の情報セキュリティ強靱化対策2.0

自治体の情報セキュリティ強靱化対策2.0

総務省「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」の提言を踏まえ、全国の地方公共団体では、2017年7月までに、「自治体情報システム強靱性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウドの構築」への対応を完了しました。
一方、度々報道されるように、サイバー攻撃被害は拡大しており、対策が弱い部分、万一ウイルス感染した際のインシデント対応など、地方自治体で検討すべきことがあります。
富士通では、地方自治体の「情報セキュリティ対策の抜本的強化」を踏まえ、今後、地方自治体で必要となるセキュリティ対策、インシデント即応体制整備に向けたソリューションをご提案します。

【企画】
自治体情報セキュリティ強靱化を踏まえて、今、地方自治体に求められるセキュリティ対策とは?

進化し続けるセキュリティ脅威に対抗するために、自治体では今後、何に重点を置いた対策が必要でしょうか。

【仕様検討】
さらなるセキュリティ強化を実現する富士通のソリューション

昨今のセキュリティ脅威のトレンドを踏まえ、富士通が提案する具体的なネットワーク強靱化ソリューションをご紹介します。

【運用・体制】
自治体情報セキュリティでのインシデント即応体制の強化

体制や、情報セキュリティ人材の確保を実現するために、必要な対応を提案します。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)