GTM-MML4VXJ
Skip to main content

立体視を活用したものづくり Virtual Design Review S3D Simulator

ものづくり現場における設計デザインレビュー

* DR :Design Review
* VDR: Virtual Design Review

2次元で観た時の形状が、実物を見た時に印象が異なる事はありませんか?
製造業では、ものづくり現場における設計デザインレビューに効率や品質向上を目的として、一般的にVDRを適用しています。
VDRに、3Dデータを立体視できるディスプレイを適用する事で、試作品があたかも目の前にあるような状態で検証することができます。

モノを作らないものづくり

VDRの推進、立体視ディスプレイへの期待

富士通では、「富士通ICT」と「バーチャルリアリティ技術」とを組み合わせることで開発プロセスの短縮、モノを作らずに問題解決し、コスト削減を推進しています。
立体視ディスプレイにより更に問題発見の前倒し、工数削減を図ることができます。

モノを作らないものづくり

関連リンク

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-MVGXKFW
138-BFF-042