GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


干渉発生は限りなくゼロに近づき、
組立工程の2次元図面は不要に

- 必要最小限の運用ルール策定から出発し、着実に3次元へ移行

日東公進株式会社様

日東公進株式会社様

各種検査・高速計数機などの省力システム、検査システムの設計、製造を手がける日東公進株式会社は、DR(デザインレビュー)や組立部門、さらには顧客からの「3次元イメージで確認したい」との要望に応え、3次元設計の本格運用に着手。必要最低限の運用ルール作り、操作メニューのカスタマイズなど、いわばスモールスタート方式で着実に3次元設計へと移行。3次元ビューアの徹底活用により組立図面なしの製造を実現している。

[ 2017年9月制作 ]

PDF  更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 一般機械装置
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【日東公進株式会社様 会社概要】
所在地 京都府綾部市城山町1番地
設立 1948(昭和23)年9月1日
資本金 2,000万円
従業員数 67名
事業内容 外観検査装置、高精度位置決め、プレス装置、各種搬送収納装置、各種基板検査装置、ねじ供給機・自動ねじ締め機、計数袋詰機・計数箱詰機の設計、製造、販売
ホームページ 日東公進株式会社様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。