GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


ハイエンド3次元CADとiCAD SXの連携により 
配管・グレーチングの設計工数を3割削減
- エンジンフルモデルを対象とした緻密かつ最適な
     設計検討により、手戻りによるロスが大幅に減少

201506-046

日立造船株式会社様

日立造船において舶用大型ディーゼルエンジンのライセンス設計生産を行っている有明工場では、iCAD SXを導入し、エンジン本体の設計用ハイエンド3次元CADと併用。配管とグレーチングの設計にiCAD SXを適用して設計工数の3割削減に成功した。データの軽さとレスポンスの速さが設計生産フロー全体を好循環に導き、的確な内容検討に集中して多くの時間を充てられるようになったことで、設計作業での手戻りが大幅に減少した。

[ 2015年6月制作 ]

PDF  更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 舶用機器
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【日立造船株式会社様 会社概要】
所在地 本社:大阪府大阪市住之江区南港北1-7-89
有明工場:熊本県玉名郡長洲町大字有明1
創業 1881年4月
資本金 454億4236万5005円(2014年3月現在)
従業員数 連結:9581名(2015年3月現在)
事業内容 環境装置、プラント、水・汚泥処理システム、機械、プロセス機器、インフラ設備、防災システム、精密機械等の設計、製作等
ホームページ 日立造船株式会社様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。