GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


両立しにくい納期短縮と設計不良低減をiCAD SXにより同時に実現 
- 若手設計者のモチベーションもアップ

201504-047

株式会社エヌエフティ様

短納期化は設計業務の負荷を増し、設計不良発生の大きな要因といえる。半導体製造装置メーカーの株式会社エヌエフティは、若手設計者を3次元CAD選定導入担当の専任とし、iCAD SXを導入。2次元設計から3次元設計への移行環境を整えつつ、スムーズな定着を実現。短納期化に伴う設計不良発生を抑え、出図に至る工数を削減。同時に、若手設計者のモチベーションアップという効果を得ている。

[ 2015年4月制作 ]

PDF  更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 半導体製造装置
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【株式会社エヌエフティ様 会社概要】
所在地 福岡県太宰府市水城1丁目11-11
設立 1986年8月
資本金 4000万円
従業員数 連結:326名、単独:96名(2015年1月現在)
事業内容 半導体封止金型及び部品、半導体製造装置及び関連パーツ・周辺ユニット、産業用省力化装置などの設計製作
ホームページ 株式会社エヌエフティ様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。