GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


半導体製造用温調装置で世界トップクラスの技術をさらに進化
-3次元CADで厳しい納期要求と高密度設計に応える開発設計体制を実現

201103-039

伸和コントロールズ株式会社様

電磁弁・電動弁、半導体製造用温調装置を設計・製造・販売し、業界をリードする伸和コントロールズは、市場から求められるよりスピーディーな納期と、装置の一層の高密度化ニーズに応えるため、設計の3 次元化を決断。移行後、これらの課題は解消され、従来難しかった設計部門と製造部門の情報共有を実現した。さらに従来、後工程で実施していた配管レイアウト検討なども構想設計段階で前倒しして可能となり、設計製造のリードタイム短縮と製品の品質強化や高機能化を推進している。

[ 2011年3月取材 ]


				 更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 半導体製造装置
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【伸和コントロールズ株式会社様 会社概要】
所在地 本社:神奈川県川崎市麻生区五力田2-8-4
長野事業所:長野県伊那市高遠町上山田621
設立 1962年6月
資本金 5000万円
従業員数 260名(長野事業所109名)
事業内容 精密温湿度空気供給装置、チラー、超高純度空気供給システム、ドライエア供給装置、電子冷却応用システム装置、ソレノイドバルブ、モーターバルブ、マイクロバルブの開発、設計、製造、販売
ホームページ 伸和コントロールズ株式会社様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。