GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


世界トップシェアを誇る
液晶ガラス基板搬送用ロボットの設計品質を支える

-ICAD/SXの干渉チェック機能をフル活用

200609-023

日本電産サンキョー株式会社 伊那事業所様

電子部品やシステム機器を開発・製造する日本電産サンキョーで、産業用ロボットの開発・製造の拠点となっているのが伊那事業所。主力製品は、液晶ガラス基板や半導体ウェハ搬送用ロボットの機構設計と、そのコントローラなどだ。スピード制御技術と安定搬送技術を柱とし、高剛性、高信頼性、省エネルギーを求められる搬送用ロボットの設計品質の向上をICAD/SX Mechanical PROが支えている。

[ 2006年9月取材 ]


				 更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 産業用ロボット
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【日本電産サンキョー株式会社様 会社概要】
所在地 本社:長野県諏訪郡下諏訪町5329
設立 1946年6月18日
資本金 352億7010万円(2006年3月)
売上高 連結:1220億円(2006年3月期)
従業員数 連結:1万6058名(2006年3月現在)
事業内容 電子部品関連事業(マイクロモータ、モータ駆動ユニット、光ピックアップユニット、精密プラスチック成形品)、システム機器関連事業(産業用ロボット、カードリーダ)、その他(オルゴールなど)
ホームページ 日本電産サンキョー株式会社様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。