GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


完全3次元設計と自動設計により、
生産設備の設計期間とコストをミニマム化

-設備の軽量・省エネ化に取り組み、環境に配慮した高性能設備を開発

200306-006

株式会社ヨロズエンジニアリング様

ヨロズグループの一員として、自動車部品の金型および生産設備の設計・製造・販売を行う(株)ヨロズエンジニアリングでは、構想段階からの完全3次元設計をスムーズに進めるために、トップダウン設計機能を持つ3次元CADシステム「lCAD/SX Mechanical PRO」を設計者全員が活用している。設計効率を大幅に向上し、強度解析を駆使して設備の軽量化・省エネ設計を実現するなど、大きな成果をあげている。

[ 2003年6月取材 ]


				 更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 生産設備・治具(自動車)
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【株式会社ヨロズエンジニアリング様 会社概要】
所在地 本社:山形県東田川郡三川町大字青山字外川原207-1
設立 1992年10月22日
事業内容 プレス金型及び治工具の設計・製作。溶接・組立設備及び各種自動機械設備の設計・製作。
ホームページ 株式会社ヨロズエンジニアリング様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。