GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD SX 導入事例


設計者間の情報共有、資材購買システムとの連携による
リードタイム短縮を目指しICAD/SXを導入

-設計効率の大幅向上と拡張性の高い設計開発環境を獲得

200110-002

株式会社小林製作所様

CADシステムはこれまで、設計部門の中だけの生産性を上げる道具として認識されてきました。しかしこれからは、設計情報を社内外で積極的に活用する時代です。製紙機械メーカーの小林製作所様では、2001年に、従来のCADをICAD/SXへと全面リプレースし、社外とのスムーズなデータ交換を実現し、資材購買連携など、機能拡張に柔軟に対応できる開発環境を整備することに成功しました。

[ 2001年10月取材 ]


				 更に詳細な事例紹介をダウンロードできます。


【導入事例概要】
業種: 産業機械
製品: FUJITSU Manufacturing Industry Solution iCAD SX
【株式会社小林製作所様 会社概要】
所在地 本社:静岡県富士市水戸島2-1-1
設立 1947年7月
資本金 1億円
従業員数 260名(2003年2月現在)
事業内容 製紙機械(板紙抄紙機、長網抄紙機)、産業機械(プラスチックフィルムコータ・スリッタ)、カッタ・ワインダ等の各種産業機械の開発、設計、製造、販売、その他技術サービス。
関連企業 株式会社ホテルグランド富士
株式会社プライムベーカリー
ホームページ 株式会社小林製作所様 ホームページOpen a new window

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材時のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。