GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS 導入事例

デジタル製品準備を実現する、VPSの導入事例をご紹介します。

導入事例富士通PLMの導入事例もご紹介しています。


掲載の企業名は記事作成時のものです。

最新事例

株式会社アイチコーポレーション 様[NEW]

製造部門の3D活用と業務プロセス改革を現場主導で推進。QCD向上に大きく貢献。
アイチコーポレーション様の事例を動画でご紹介しています。(YouTube)Open a new window


株式会社日立国際電気 様

VPSを活用した更なる試作LTの短縮、開発コストの削減を目指し、組立性やハーネスルートのシミュレーションを実施されています。今までの実機で露見した不具合を潰し込むというプロセスから、実機製作前のバーチャルフェーズで不具合を解消するプロセスに移行したことで、手戻りの最小化と開発・生産準備の効率向上を実現されています。

株式会社アマダ 様

VPSを活用し、負荷の前倒しを図った「フロントローディング開発」を実現。設計から物流・保守に至る3D活用を強力に推進。
アマダ様の事例を動画でご紹介しています。(YouTube)Open a new window

株式会社アドバンテスト 様

VPSの活用で仮想メカ上のデバッグを推進。約1ヵ月の期間短縮と1,000万円の削減効果を実現し、さらにフルモデル解析を志向
アドバンテスト様の事例を動画でご紹介しています。(YouTube)Open a new window

キヤノンファインテック株式会社 様

VPSを活用し、DMR(Digital Mock-up Review)の高精度化を推進。速度・品質・コストにわたる全包囲で開発効率の向上へ
キヤノンファインテック様の事例を動画でご紹介しています。(YouTube)Open a new window

ジヤトコ株式会社 様

組立アニメーションが同席設計業務の課題決着をスピードアップ。製造現場では生産ライン立ち上げ前の作業習熟環境を実現

ニスカ株式会社 様

VPSで生産準備工程のデジタル化を推進。出図後の問題発生を押さえ込み、QC工程表の作成時間を半減

コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 様

独自カスタム機能をVPSにプラスして生産準備にかかる工数と期間を半減

株式会社島津製作所 様

VPSでドキュメント制作工数を半減 仮想DRや生産準備の効率化にも道を開く

セイコーエプソン株式会社 様

組み立て性評価と量産ライン仮想検証で量産垂直立ち上げを目指す

富士通株式会社 モバイルフォン事業本部

VPS活用で携帯電話機の多様な解析を統合化解析工数・試作回数の半減化を達成

クラリオン株式会社 様

VPSを国内外の製品開発と製造の拠点に導入 DMDRの活用で試作回数が3回から2回へ

富士ゼロックス株式会社 様

すべての生産準備工程で1フェーズの前倒しVPS/Manufacturingに独自の+αを加えて成果

株式会社デンソーウェーブ 様

実デバイスを接続してタイミングを検証。設備設計シミュレーションを高精度化

三洋電機株式会社 様

操作性と活用度の高さで選択したVPS。VDRだけでなく作業手順書作成にも利用。

パナソニック コミュニケーションズ株式会社 様

試作レスに向けてVPSを活用。開発リードタイムを短縮。

富士電機リテイルシステムズ株式会社 様

デジタル検証率を高め、試作回数を削減し品質向上と短期間での市場投入を両立した事例です。

株式会社ケンウッド 様

デジタルモックアップによるフロントローディングでものづくり全体最適化を推進した事例です。

東芝テック株式会社 様

設計部門から出た製品情報を製造部門がいったん持ち帰って検討する「生煮えデータによるお持ち帰りVDR」でフロントローディングを実現した事例です。

株式会社アマダ 様

設計途中のデータをもとにVPSでデジタルモックアップを作成し、製造部門の組立工程に必要な手順書を試作機ができあがる前に作成できるようにした事例です。

京セラミタ株式会社 様

「試作回数1回」を目標に開発期間短縮に取り組んだ事例です。指導書作成工数でも30~40%の大幅削減を実現されています。

サンデン株式会社 様

フロントローディング、コンカレント・エンジニアリングによる「しっかりした構想設計」実現のためにVPSを導入された事例です。

セイコーエプソン株式会社 様

"見える化ものづくり"で企画設計段階からの「ものづくり改革」。製品開発力を強化し製品化スピードを速めて事業利益を拡大された事例です。

株式会社ニコン 様

試作機で行っていたデバッグ工数を7割削減。組み込みソフトの開発を大幅にスピードアップされた事例です。

三菱日立製鉄機械株式会社 様

3次元活用で設計者の負担を軽減、顧客満足度も向上され、1週間を要したお客様へのプレゼン準備作業も不要になった事例です。

富士通における携帯部門

富士通モバイルフォン事業本部は、デザインから機構設計、回路・実装設計、製造に至る携帯電話機のほぼすべての開発業務を、VPS(Virtual Product Simulator)を中心とした仮想プロセスで融合。設計者間による開発上流での検証力強化や他部門の意見の早期取り込みなどにより、後工程からの手戻りが極力削減されました。システム運用に着手後、まだ1年しか経過していませんが、製造部門で大幅な図面レスを実現したのをはじめ、製造準備工数の低減、開発部門とのデザインレビューの質の向上、などで大きな効果をもたらしている事例です。

富士通におけるバーチャル・ファクトリの実際

VPSは、富士通製品の設計現場のニーズから誕生したソフトウェアです。これまで富士通では、3次元CADを製品開発に広く用いて開発期間の短縮、設計品質向上に効果を上げてきましたが、より一層の製品開発スピードアップ、効率化を求められてきました。この要求に対応すべく、バーチャル・リアリティ(VR)技術に取り組み、VPSが誕生しました。今回は、富士通の実際の現場で、VPSがどのように利用されているか、またその効果について、「プリンタ開発」「ノートパソコン開発」「大規模サーバ製品」他の事例に基づきご紹介します。

GTM-MVGXKFW