GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS トピックス


新VPS「V15L14」強化ポイント

VPS V15L12で提供した組立動画一括生成機能、V15L13で提供した組立手順一括生成機能などにより、組立手順編集、組立動画作成時間の大幅な削減を可能にしてきました。新VPS V15L14では、治工具を含む動画の作成や工程情報の入力・編集機能などを強化し、編集時間削減に加え、組立情報の表現力を大きく強化しました。

デジタル組立QCD力強化

治工具を含む組立アニメーション

新VPS V15L14では、配置変更機能を強化し、治工具などの製品組立時に利用するモデルと製品の位置合わせを容易に行えます。この治工具は製品の組立動画中にも利用できます。より現実に近く、分かりやすい動画を作成できます。そして、各部品の組立時に治工具との干渉がないか、といった組立可否性を確認することもできます。

No Video
Keyboard shortcuts for the player:
  • F: Fullscreen
  • Esc: Exit fullscreen
  • ↑: Volume up
  • ↓: Volume down
  • ←: 5 sec. back
  • →: 5 sec. forward
  • Space: Play/Pause
  • S: Subtitle On/Off

icon-movie(再生時間:約62秒, 音声はありません)

手モデルによる検証

手モデルを標準ライブラリとして提供します。製品組立時に工具を握った手を扱うスペースが十分にあるか、といった作業性を確認することができます。

v15l14_1VPS/Digital Mockupの工具モデルに関連付けができ、工具と一緒に移動・回転させることができます。

ローカルショット(アニメーション非連動スナップショット)

組立動画と切り離した静止画「ローカルショット」の作成を可能にしました。これにより、分解図(爆発図)のような図を作成し、動画への挿入も可能にしました。容易に部品を配置して意図する状態の図を作成できます。

v15l14_2v15l14_3分解図(爆発図)逆付けチェック図

分解図については、一括で分解状態に編集できます。組立手順書の他、パーツカタログなどサービス用途への活用も可能です。この図には、製造フローに書かれた注記を一括挿入することもできます。挿入された注記は自動的にモデルの外側に重なることなく配置されます。また、従来のスナップショット中にこのローカルショットや別のスナップショットを挿入することも可能です。異なる視点から見た図や切断状態の図などを挿入することで、より分かりやすい図を作成できます。

組立動画活用促進に向けた他社製品を圧倒する操作性向上

工程一括付加

VPSでは、CADのアセンブリ構成を元に作成した組立フロー(組立手順)を3次元モデルを確認しながら編集できます。新VPS V15L14では、組立作業対象部品の部品番号・名称・材質・大きさなどの属性情報を元に、ルール化した作業情報を一括挿入することができます。例えば、製品内で使われているビスやボルトなどの締結部品を部品番号で判別して、あらかじめ登録した組み付け時間・締め付けトルク・使用工具といった情報を一括挿入します。定型入力作業が大幅に改善されます。

No Video
Keyboard shortcuts for the player:
  • F: Fullscreen
  • Esc: Exit fullscreen
  • ↑: Volume up
  • ↓: Volume down
  • ←: 5 sec. back
  • →: 5 sec. forward
  • Space: Play/Pause
  • S: Subtitle On/Off

icon-movie(再生時間:約54秒, 音声はありません)

製造フロー操作性向上

3Dモデルを順に選択することで組立手順を並び変えることができる組立順序編集モードに、サブアセンブリの追加や他階層のアセンブリへの移動する機能追加を行いました。階層をまたいだ組立順序の編集が容易に行えます。また組立手順を変更する際に、変更したい作業工程あるいは部品をVPSの製造フロー上で選択するとその対象となる作業工程、部品も追従します。一つの作業工程で複数部品を扱う、あるいは部品に対して複数の作業工程がある場合に、対象の選択が容易になるだけでなく、選択漏れのミスを防ぐことができます。さらに組立手順変更の操作中にサブアセンブリの追加といった構成変更も行えます。

VPSデータ活用シーンの拡大

タッチパネル対応

新VPS V15L14は、タッチパネルでの操作に対応しました。タッチパネル上で画面表示の回転、拡大/縮小、移動の操作、部品の選択、操作が行えます。タッチ操作に対応した大型ディスプレイを使ったデザインレビューや、製造現場でタブレットPCを使ってVPSデータを閲覧することができます。

v15l14_4
タブレットPCでの使用イメージ

Active X対応

Active Xに対応しました。お客様がWEBベースで構築したパーツカタログシステムなどにVPSの形状表示部分を組み込むことで、 WEBブラウザなどの上で製品情報と合わせて形状の確認を行うことができます。※

v15l14_5※本機能はカスタマイズ提供機能です。(標準提供機能ではありません)組込み可能なソフトウェア:Microsoft Internet Explorer, Word, Excel, PowerPoint (全て32bit版)
WEBベースのパーツカタログシステム構築例

3次元組立動画閲覧機能を無償提供

広くVPSデータを活用していただくために、組立動画を閲覧可能なVPS/MFG ViewerとVPS Viewer(無償)を統合し、無償提供します。

機能概要:形状確認、計測・断面表示、検索、組立フロー表示、組立動画再生