GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS IOC (IOC Express)特長・主な機能


VPS IOC Express(制御系ソフト開発支援)

3次元CADモデルを元に作成した仮想メカでデバッグを行い、実機がない段階でのソフトウェア検証を可能にすることで、「品質の作り込み」「リードタイム短縮」「手戻り工数削減」を促進します。

  • メカの誤動作や破損を恐れず、安全にデバッグ作業を実施
  • 実機を取り合うことなく、机上でデバッグ作業が可能
  • カバー等の不要な部分を隠して見たい箇所を自由に確認

キーワード : 実機レスデバッグ、仮想メカ、FA

ioc-1
ラダープログラムの動作検証(PLC接続)

ioc-2
仮想メカ上のロボットティーチング

IOC Expressの特長

仮想メカを使った制御シーケンスデバッグ

デジタルモックアップで作成した機構モデルにモーターやセンサーといった制御要素の定義を追加して仮想メカを作成し、作成中の制御プログラムで仮想メカを動かすことで制御プログラムのデバッグを行います。

ioc-3

※「DeviceXPlorer®」は株式会社たけびしの製品です。
※「ORiN2 SDK」は株式会社デンソーウェーブの製品です。

ワーク搬送を含めた動作検証を実現

3次元空間に仮想的なワークを配置し、搬送シナリオを定義することなくワーク搬送を含む制御プログラム検証を行うことができます。

把持・吸着搬送

ioc-4

コンベア搬送・ワーク滞留

ioc-5

ワーク組み付け・分解

ioc-6

リフト動作

ioc-7

メカ動作仕様検討を支援

信号タイミングチャートで仮想メカを動かすことで、制御プログラムを作成する前にメカの動作仕様を検討することができます。

ioc-8

シミュレーション時の干渉チェック

シミュレーション時に干渉チェックを行いながら制御プログラムデバッグができます。干渉箇所は干渉発生時の状態でプレビュー表示されます。

ioc-9

IOC Expressの接続実績

対象の制御機器と仮想メカを接続するために、「OPC接続」の場合は「Device XPlorer ® 」(たけびし社製)、「ORiN接続」の場合は「ORiN2 SDK」(ランタイム版) (デンソーウェーブ社製)を使用します。
上記のツールの他に、使用する制御機器や通信形態によっては専用のツールが必要な場合があります。

詳しくはお問い合わせください。

PLC
三菱電機 実機PLC OPC接続
GX Simulator OPC接続
オムロン 実機PLC OPC接続
CX Simulator OPC接続
Sysmac Studio ORiN接続
ジェイテクト 実機PLC OPC接続
安川電機 実機MC OPC接続
ロボットコントローラ
デンソーウェーブ 実機RC ORiN接続
VRC ORiN接続
オムロン 実機VRC OPC接続

※ロボットコントローラからロボット各軸の現在値を取り込み追従させます。

NC
ファナック CNC ORiN接続
PMC OPC接続, ORiN接続
その他
ユーザー独自のプログラム動作環境 TCP/IP通信(独自の通信プロトコル使用)
汎用I/Oボード

※ OPCは、OPC教会の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ ORiNは、社団法人日本ロボット工業会の登録商標または商標です。

CDLLKIT (外部連携用DLL開発キット)

ユーザーが独自に制御プログラム実行環境と「IOC Express」を接続するための開発キットをご用意しております。

GTM-MVGXKFW