GTM-MML4VXJ
Skip to main content

VPS GP4特長・主な機能


製品概要

  • 生産ラインとプロセスを仮想化、現物なしで検証

    「人の活動」に焦点を当て、効率的な工程設計と多面的な評価・検証を仮想ライン上で実現

  • CAD未経験者でも使える簡単操作

    工場レイアウトを瞬時に作成、試行錯誤を繰り返し最適ラインを決定


特長

CAD未経験でも使える簡単な操作

GP4ご利用ユーザ様の半数以上はCADのご経験がありません。これまでExcelにて工程設計を行っていた方を前提としており、可能な限りExcelライクな操作性を実現しています。

ライン作業者の動作を半自動生成、付随時間(手動作・歩行など)を自動算出

作業者の基本的な動きを設定すれば、あとは自動で作業者動作を生成します。工程設計評価の指標である付随時間も自動で算出されます。

約400種類の工場内設備ライブラリ活用で工場レイアウトを瞬時に作成

標準的な棚や部品箱、作業台など多数標準装備しています。設備は任意で寸法変更可能で3DCADがなくても工場レイアウトを完成させることができます。

生産諸元(生産性や作業性)を定量的に算出し、論理的にラインを決定

人・モノ・機械の動きを数値化し、複数の仮想ライン案から要求に合ったラインを論理的に決定できます。(注意)ラインを自動的に作るものでは御座いません。


実現できるコト (実務作業)

  • 製品の組み付け作業の視覚化による作業指示
  • 製品の組み付け作業の視覚化によるデモンストレーション
  • 製品手順の入れ替えによる手順の最適化検討
  • 製品手順の入れ替えによる人員の最適化検討
  • 山積み機能による生産タクトや工程作業バランスの検討
  • 山積み機能による作業時間の平均化
  • 工程レイアウト編集による作業領域の検討
  • 工程レイアウト編集と製品手順による効率的な設備、部品の配置場所検討
  • ラインスケルトン機能による最適な工程ラインの検討
  • ファクトリ機能での視点移動アニメーションによるデモムービー作成
  • ドキュメント出力機能によるレイアウト資料の作成
  • 工程、ライン、ファクトリ機能での設備情報による保守管理支援
  • 工場レイアウトに関するノウハウのデジタル化保存
  • 製品手順に関するノウハウのデジタル化保存

適用効果

GP4適用効果は生産性の向上以外に大別すると以下の3つがあります。

生産準備期間の短縮(機会損失を圧縮)

生産行動の見える化により、部門間の相互理解が高まり、生産準備期間を一般的に初回適用で30%削減、ある事例では50%以下に短縮した事例がある。

問題点を前倒しした量産開始(変動費を圧縮)

作業者習熟の早期立上による不良を出さないラインを早期立上することで高い生産能力で量産を開始できる。

量産試作、DR数削減で手戻りコストを削減(固定費を圧縮)

3D生産モデルと定量評価情報を活用により手戻り削減で設備試作、設備変更コストを1/3以下に削減できたケースがある。

以下にGP4導入ユーザからの声を紹介します。

  • 自動車ボディメーカー
    新製品投入での生産準備手戻り削減、新ラインのコンセプトデザインが実現できた。
  • 自動車部品メーカー
    新製品投入での生産準備工数を半減、間接コストを1/3にできた。
  • 大手電機メーカー
    量産開始を二ヶ月早期化でき、またライン計画工数を半減できた。
  • 大手プリンタメーカー
    海外工場の生産ラインを仮想化し、現地法人との密連携を実現できた。
  • 重電設備メーカー
    セル生産での生産性が40%向上すると共に、生産現場の自立化、活性化を実現できた。
GTM-MVGXKFW