GTM-MML4VXJ
Skip to main content

これからの製造業

デジタルプロセス株式会社 代表取締役社長 山田龍一

進化を続けるPLMソリューション 
(デジタルプロセス株式会社 代表取締役社長 山田龍一)

富士通株式会社 常務理事 間瀬俊明

製造業が求めるPLMソリューションを提供Open a new window 
(富士通ジャーナルのページにリンクしています)


富士通がご提供するPLMソリューション、それは、企画段階から設計・開発、もの造り現場、販売・サポートまで、次世代の開発設計・製造環境を構築していく為の戦略的統合ソリューションです。貴社がこれからの時代を勝ち抜いていく為に、新たなステージを築き上げる一助として必ず期待に応える事のできるPLMソリューションです。

これからの製造業に必要なものとは

製造業のものづくりの空洞化が叫ばれる中、グローバルなものづくり時代に備え、今製造業は新たなフレームワークが求められています。従来のものづくりの強み、それは機能や性能で付加価値を高め製品価値によってものが売れる時代でした。従来、これらを支えてきたものは製品設計と生産技術を中心とした現場指向の積み上げ技術の成果であり、日本の製造業の強さの源でした。また、製品開発の観点から見ると従来は設計、生産技術、製造技術の各部門が中心となって、「良い製品づくり」に取組んできました。「良い製品づくり」が企業の利益に直接貢献する時代でした。

図:これからの製造業に必要なものとは

しかしながら、革新的なIT技術の進歩や高度な基盤技術が容易にどこでも手に入る時代になった今、これからの時代を乗り切っていく為の新たな取り組みが必要になってきています。現状の製品開発競争では新しい技術もすぐに真似される状況であり、商品そのものに着目する事よりも、良い商品を継続的に生み出せるプロセス、環境、しかけ・仕組みづくりが重要になってきています。 市場変化、多様な顧客ニーズ、競合の変化よりも先んじて変化に対応できる組織企業力が必要になってきているのです。 これまで、経営改革の取り組みとして着手していきたサプライチェーン全体の効率化(SCM)、顧客満足度の向上(CRM)、グローバルな経営資源配分(キャッシュフロー経営)などに加え、今こそ新たなものづくりの為の仕組みづくり(PLM)が重要なのです。

PLMソリューションの位置付け

  • arrow-next

提供ソリューションが目指すもの

富士通の提供ソリューションとは、お客様の業態や業務に合わせた最適環境を、核となるプラットホームを中心にノウハウの詰まった主要なサービスで効率良く業務が回転する様に纏め上げたサービス体系です。ここで言うプラットフォームとは、従来のハードウェアの枠にとらわれず、ベーシック、ミドルウェア、パッケージなどのソフトウェアからブロードバンドや通信のインフラまでを含めた全体部分をプラットフォームと考えています。富士通の提供ソリューションは、優秀なプラットフォーム群を核として付加価値の高いサービスを融合させる事によりお客様にとっての企業利益を最大限に高める事を狙いとしています。

図:提供ソリューションが目指すもの

  • arrow-prev
  • arrow-next

PLMソリューションの基本的な考え方

ものづくりの基本は製品。そして、製品によって製品開発の目的やプロセスが当然異なってきます。また、業種や業界によってもものづくりの考え方から手法からプロセスを構成する要素技術も異なってきます。
製品開発プロセスでは、製品開発単位に必要なソリューションが異なります。そして、これは唯一の単一パッケージによって何でもかんでもこなせる訳でもありません。 そこには既存環境(レガシーシステム)からの移行性も重要なファクターであり、単純に最強のツール提供が企業にとっての最適解になるとも限りません。 これまではCADパッケージを中核に周辺の付帯業務をカストマイズしたり周辺業務そのものを別なパッケージでくくったり、どちらかと言えば部分最適を目指したシステム化が改善の中心でした。
  富士通PLMソリューションの狙いは、業務改革・改善コンサルティングを中心に当初から全体最適化を念頭に置いた「バーチャルものづくり環境」の構築支援にあります。 「バーチャルものづくり環境」の共通インフラとしてVPS(Virtual Product Simulator)を位置づけ、PLM全体のパイプラインツールとして各種の具体的な活用ソリューションをご提供します。
製造企業内の各部門の有機的な結合により製品開発のバリューチェーンを高めるしかけ・仕組みづくり、これが富士通の考えるPLMソリューションの基本的な考え方です。

図:バーチャルものづくり環境

  • arrow-prev
  • arrow-next

PLMソリューションの基本構成

全体最適化の切り口としては、適用部門・部署毎の連携ソリューションを重点にしたものと業種・業務毎の特性を考慮した連携ソリューションの2つの切り口があります。

適応部門・部署ごとの連携ソリューションユニット

  • マネージメントソリューション
    お客様のご要望に柔軟に対応可能なPLMソリューションとして、設計ポータルを核に、PDM、ナレッジ等の各システム連携を実現します。
  • ナレッジソリューション
    商品企画から保守・サービス、更には製品の誕生から廃棄まで全ての生涯工程において散在する膨大な情報の集積と整理は今後の企業活動において非常に重要な課題です。暗黙知から形式知へ、日々刻々と追加蓄積された情報から意味ある情報だけをすばやく見つけ出し業務に活用していくナレッジソリューション。製品開発に関わる情報共有からノウハウ活用まで、PLMソリューションの中核を担うマネジメントソリューションをご提案します。
  • Portalソリューション
    ブロードバンド環境を背景とした高速・広域・常時接続環境の時代。有線、無線を問わず共通操作環境がWeb統合へ向かい始めています。ブラウザを中心に日常業務を回す、また業務改革そのものをWeb環境をベースに構築していく。従来のクラサバ環境に代わってPortal環境がもたらす新たな世界を富士通の持つノウハウを込めたPortalソリューションとしてご提供します。
  • コラボレーションソリューション
    短納期開発とコスト削減、品質向上と顧客満足度向上、いくつもの課題を効率よく乗り越えていく為には人と人との円滑なコミュニケーション、部門間の円滑なコミュニケーション、取引関係での円滑なコミュニケーションなど、IT活用によって時間と距離の壁を乗り越える事が必須条件になってきました。コラボレーションソリューションは、文字・画像・音声・動画などのマルチメディアデータを最先端のIT技術を用いて最大限に活用した協調設計環境をご提供します。
  • PDMソリューション
    受注生産と見込み生産、設計部品表と生産部品表、仕掛かり中の部品管理と手配部品管理、お客様が求める製品情報管理のあり方も理想を言えば千差万別です。PDMソリューションでは従来の図面中心の図面管理形態から3D構成主体の情報管理まで、レガシーシステムからの移行形態を踏まえて、お客様にとって最適な製品情報管理のあり方をご提案します。

業種・業務ごとの連携ソリューションユニット

  • メカニカルソリューション
    製品設計の中核を成す3D-CADツールは、今やフロントローディングとコンカレント設計を推進する上で欠かせない道具です。設計途上におけるデザインレビューの質の向上を図る為に一貫したデジタルデータの活用環境をご提案します。2Dから3Dへの円滑な移行、3D中心の改革型導入、お客様の狙いや製品特性に合った設計環境を富士通が提供可能な豊富な製品群・適用ノウハウ・業務コンサルティングを含め、メカニカルソリューションとしてお届けします。
  • EDAソリューション
    製品設計で欠かせない分野となってきた電気分野においては、製品実装の多様化からファームウェア開発の効率化、カスタムLSIの設計効率化、ノイズシミュレーション対策、電磁波対策など、今後解決すべき課題が多く残されています。EDAソリューションでは、富士通自身が自社内で開発・適用してきたノウハウを含めて最先端のソリューション環境をお客様にご提供します。
  • FAソリューション
    FAソリューションは、もの造りに欠かせない工場主体の効率化を実現する為のソリューション環境です。セル生産、ライン制御を始めとした工場管理手法から電子部品の実装工程設計、稼動状況監視まで、工場内における一連の生産準備・製造工程効率化支援環境をご提供します。
  • arrow-prev
GTM-MVGXKFW