GTM-MML4VXJ
Skip to main content

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Management

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Managementとは

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Managementは、新薬開発に関わる各種業務と連携し、必要な情報を管理・再利用できる環境をご提供いたします。

※Clinical portalとClinical Informationのリリースは、2015年以降

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Management概要図

医薬品開発向け標準データ連携 Clinical Service Busの特長

医薬品開発向け標準データ連携 Clinical Service Busは、製薬企業のお客様業務に特化した“データ連携・統合支援”サービスです。

医薬品開発向け標準データ連携 Clinical Service Busの概要図

  • マッピング変換定義の簡略化とメンテナンス負荷の軽減
  • バリデーションへの対応
  • 変換データを蓄積し検索・追跡が可能

医薬品開発向け標準データ格納 Clinical Repositoryの特長

医薬品開発向け標準データ格納 Clinical Repositoryは、Clinical Service Busで変換したデータを、XML形式で保管します。データの蓄積は追記型で行い、蓄積されたデータの検索機能も提供します。

医薬品開発向け標準データ格納 Clinical Repositoryの概要図

データをそのまま蓄積

  • インデックスレスで、XML形式のデータを、綿密なインデックスの設計をせずに格納できます。

安定した抽出性能

  • カテゴリ定義情報による絞り込みで、定義した格納するデータの情報を参照して、抽出条件に基づいて目的のファイルを絞り込んでアクセスすることにより大量データでも高い抽出性能を維持
  • 並列・多重処理技術(特許技術)により、複数の要求を一括処理して安定した抽出性能を実現します。

低コストで保管・運用

  • 独自の圧縮技術(特許技術)でDISK量を削減します。

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Managementの動作環境

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Managementは、セキュアなプライベートSaaS環境でサービスをご提供いたします。
お客様は、クライアントPCのWEBブラウザから当サービスをご利用いただけます。

クライアントPC/Webブラウザ

  • 利用者がインターネット、またはイントラネットからアクセス可能なwindows クライアントPC
  • Microsoft Internet Explorer

接続環境

  • インターネット暗号化通信

* 詳しい機器構成・必要スペック等については、弊社問合せ窓口までご確認ください。

医薬品開発向け標準データ連携ソリューション tsClinical X-Managementの動作環境の概要図

ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)