GTM-MML4VXJ
Skip to main content

MRの将来性と「地域包括ケアシステム」
~ 今後、製薬企業はどうなっていくのか

次世代MRを支援する富士通のビッグデータ

MR白書によると、2014年度のMRの総人数は前年度よりも約1,000人減少しており、国内製薬企業の人員整理や削減が進んでいます。大型製品の減少や後発医薬品(ジェネリック医薬品)のシェア拡大といった市場の変化に加え、MRの訪問規制の浸透など製薬企業にとって逆風が吹くなか、MRの今後のあり方に注目が集まっています。

一方で、「地域完結型医療への変革」と「地域包括ケアシステムの構築」を追い風に、製薬企業やMRには、地域医療における新たな役割が求められていると考えます。富士通は、ビッグデータ技術を中心とした最新技術を活かし、製薬企業の新たなMR活動をご支援するソリューション・サービスの提供を目指しています。

個別化医療の進展と地域包括ケアシステムの構築

医療と介護の一体改革が進む中、近未来の健康・医療は、個別化医療の進展、病院完結型医療から地域完結型医療への変革、地域包括ケアシステムの構築が進んでいます。
このような社会保障制度改革が進行するなかで地域医療は大再編時代を迎えており、医療機関も、「機能分化と連携」の動きを加速しています。

地域包括ケアシステムを支える新たなMRの役割

医療機関の「機能分化と連携」の動きにあわせ、製薬企業やMRには地域医療において、地域包括ケアシステムを支える新たな役割が求められると考えています。
患者を支える地域医療プレイヤーと連携し、患者のQOL向上を実現する「継続的治療」に向けた薬に関する情報を、医療経済性、安全性、アドヒアランス等の観点から提供していくことだと考えております。

製薬企業のデジタルマーケティング

富士通は、これからの製薬企業やMRには、「営業プロセスの改革」による営業力の強化と効率化が求められると考えています。営業プロセスの改革を実現するためには、MRのディテーリングのデジタル化と効率化が重要です。

MR活動を支援する富士通の取り組み事例

富士通が持つ、ビッグデータ技術を中心とした最新技術を最大限に活かし、製薬企業の新たなMR活動をご支援するソリューション・サービスの提供を目指した様々な取り組みを進めています。

事例1 「地域の特性」の見える化

富士通は、地域特性に応じた医療貢献を目指し、オープンデータを活用した地域の特性の見える化に取り組んでいます。

事例2 「患者の声」の見える化

富士通は、患者の方々の声をMRの営業活動に活かしていただくために、ソーシャルメディアを活用した患者の声の見える化に取り組んでいます。

事例3 「医薬処方傾向」の見える化

富士通は、レセプトデータを活用した医薬処方傾向の見える化に取り組んでいます。

 

MRの将来性地域包括ケアシステムの構築新たなMRの役割デジタルマーケティング事例用語集

ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)