GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種別ソリューション >
  4. ヘルスケアソリューション >
  5. イベント・セミナー > 「ヘルスケアソリューションセミナー2018 in 大分」ご案内

「ヘルスケアソリューションセミナー2018 in 大分」ご案内
~平成30年度診療報酬改定概要とクラウド型電子カルテ導入事例~

[参加無料]

 開催概要 | セミナー | 展示デモ


拝啓    時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は弊社製品およびサービスに格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    この度、平成30年度診療報酬改定概要とクラウド型電子カルテ導入事例の講演を中心とした「ヘルスケアソリューションセミナー2018 in 大分」を開催いたします。
    平成30年度診療報酬改定は、診療報酬改定と介護報酬の6年ぶりの同時改定となっており、医療と介護の方向性を一致させる必要があると言われております。
    本セミナーでは、平成30年度診療報酬改定の内容を中心に今後の経営に向けての影響について、メディカル21 代表理事の村上 佳子先生より詳しくお話をさせていただきます。
    また、昨年に「クラウド型電子カルテシステム」を導入いただいた、明野中央病院 診療情報管理室 部長 佐藤 伸一先生より、電子カルテシステムの選び方と利用の注意点について、お話をさせていただきます。
    なお会場内に、当社電子カルテシステムをはじめ様々な医療情報システムのデモ展示を行っておりますので、講演と合わせて皆様のご検討の一助としていただければ幸いに存じます。
    ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ぜひご来場賜りますようお願い申し上げます。

敬具
2018年 2月吉日

開催概要

日時
  • 2018年2月28日(水曜日)
    13時~18時 [受付開始 13時]
会場
(アクセス)
  • 富士通株式会社 大分システムラボラトリ
    大分県大分市東春日町17-58 地図Open a new window
    JR大分駅より徒歩約20分
    JR大分駅よりタクシー約5分

    【駐車場のご案内】
    ・参加申込書(PDF)をご確認ください。
主催
  • 富士通株式会社
共催
  • 株式会社エム・オー・エム・テクノロジー
お申込方法
  • セミナー参加ご希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入のうえ、電子メール(E-Mail)またはFAXにてお申込みください。ご記入いただきました参加申込書を担当営業にお渡しいただきましても構いません。
    参加申込書 (81 KB)
    icon-mail 電子メール(E-Mail):okamura.kouzou@jp.fujitsu.com
    icon-fax FAX:097-537-1449
  • 申込み締切日:2月23日(金曜日)迄
  • 参加無料〔定員60名〕
    定員になり次第、締切らせていただきますので予めご了承ください。
お問い合わせ 富士通株式会社 大分支店
担当:佐藤、岡村、谷川、池永
〒870-8551
大分県大分市東春日町17-58 (大分システムラボラトリ)
icon-telephone TEL:097-534-0247

セミナー  13時30分~16時30分

13時30分~
13時35分
開会のご挨拶
富士通株式会社
13時35分~
15時35分
講演
「平成30年度診療報酬改定の概要について」

村上 佳子 先生講師:村上 佳子 先生
メディカル21 代表理事


【講演内容】
2018年度の診療報酬改定では本体で+0.55%(約600億円)となりましたが、2016年度の損益差額は一般病院で0.5ポイント悪化し▲4.2%となり、1967年以来、過去3番目の低さです。人件費増により病院経営は収益の悪化する状況が顕著です。
今回の改定では入院基本料に病態別の評価を導入し、医療と介護の連携を目指した入退院支援の評価を強化する狙いです。介護報酬はサービスの適正化としての引き下げ項目や介護医療院への移行を促す内容となることが予想されます。改定内容を中心に今後の経営に向けての影響をお話いたします。

【講師プロフィール】
村上 佳子 (むらかみ よしこ)
<現在>
メディカル21 代表
一般社団法人 医療実務研究会 代表理事/医療法人南溟会博愛病院 顧問 社会福祉法人景福会 評議員/総合メディカル株式会社 専任講師/(株)M&Cパートナーコンサルティングパートナーコンサルタント/公益社団法人 福岡県介護老人保健施設協会理事/公益社団法人 全国介護老人保健施設協会学術委員会委員
<略歴>
1959年 福岡県出身(福岡市)
1979年 特定医療法人至誠会 木村病院勤務
1991年     同     上     退職
1992年 株式会社 医療事務サービス入社
教育システム課にて講師教育、派遣社員教育、
福岡県老人福祉課教育(職員対象)
1996年     同     上     退職
1996年 株式会社ヘルスケア経営研究所入社、主任研究員
2000年 メディカル21設立
2013年 一般社団法人医療実務研究会設立 代表理事就任
現在に至る
<資格>
1995年 診療報酬請求事務能力認定取得(医 第1011755号)
1997年 日本医業経営コンサルタント協会会員(経営コンサルタント登録)
<指導内容>
病院医事課に12年勤務の後、(株)医療事務サービス入社。教育システム課にて講師および派遣社員の教育、福岡県老人福祉課の教育を担当。現在はメディカル21代表として、総合病院から単科病院・診療所まで幅広くレセプト診断、減点・請求もれ対策指導に従事する傍ら、一般社団法人「医療実務研究会」代表理事として各種セミナーを企画し九州一円の96病院との勉強会を開催し、医療事務職員レベルアップの指導を行う。また、医療機関の顧問として医事課をはじめ経営に直結する指導を行っている。2006年度より公益社団法人福岡県介護老人保健施設協会理事に就任。2016年9月より公益社団法人全国老人保健施設協会学術委員会の委員として活動している。

15時50分~
16時30分
電子カルテ導入事例
「電子カルテシステムの選び方と利用の注意点」


講師:佐藤 伸一 先生
医療法人社団 唱和会 明野中央病院
診療情報管理室 部長


【講演内容】
大分県下では、HIS(電子カルテ、オーダリング)の普及が半分を上回る施設数となったそうです。
病院にとって電子カルテは、安全向上、業務効率向上、作業平準化の運用ツールとして期待され、そして役立つものになってきています。
しかし、期待高まる電子カルテですが、機能が多い為か、病院にとって選択するポイントが絞りきれずに大きな買い物の決断をする事となるケースもあるようです。
当院は、2006年にオーダリングシステムを導入。2016年10月に電子カルテを稼動させました。なくてはならない病院基幹システム 電子カルテを検討から導入そして運用を通じて経験した有意点、注意点についてお知らせしたいと考えます。

展示デモ  13時~18時

電子カルテシステム・オーダリングシステム
【出展社:富士通株式会社】
HOPE EGMAIN-LX / HOPE Cloud Chart
(ホープ イージーメイン-エルエックス / ホープ クラウド チャート)

中堅病院様における導入のしやすさを追求した病院電子カルテシステム。数多くの病院で培ってきたノウハウをベースに、豊富な機能を搭載しました。診療情報のさらなる共有を推進し、地域一体となった医療を実現するためのICT化を強力にサポートします。
医療事務システム
【出展社:富士通株式会社】
HOPE SX-S
(ホープ エスエックス-エス)

経営の基盤となる保険請求を支えるだけでなく、患者様の窓口となる医事課様のIT化を推進します。レセプト電算およびDPCにも対応し医療事務の基盤を強力にサポートします。
介護事業者支援システム
【出展社:富士通株式会社】
HOPE LifeMark-WINCARE
(ホープ ライフマーク-ウィンケア)

介護保険請求から介護現場の運用支援まで、介護サービス業務全体の効率化を可能とします。
総合臨床検査システム
【出展社:ソードシステム株式会社】
iLISOpen a new window
(アイリス)

病院運用にあわせ柔軟に対応。電子カルテや健診システムと連携実績多数。大分にも密着したサポートを行っています。
リハビリシステム
【出展社:タック株式会社】
リハビリテーション支援システムOpen a new window
充実した機能を装備し、セラピストの事務作業を軽減する操作性を実現致しました。
インシデント管理システム
【出展社:株式会社セーフマスター】
SafeMasterOpen a new window
(セーフマスター)

インシデント報告(インシデントレポート)、統計分析、改善対策から安全研修まで医療安全活動に必須の機能をトータルでサポートします。
様式1作成システム
【出展社:株式会社健康保険医療情報総合研究所(PRRISM)】
様式1クリエイター スタンダードOpen a new window
効率よく様式1を作成頂く為に利用者にとってミスの少ない入力を実現する機能を実装致しました。
看護必要度システムほか
【出展社:アイ・ティ・エス株式会社】
Need for Nursing CareOpen a new window
医事会計システムと連携し、重症度、医療・看護必要度に係る評価票作成を行い、報告資料や統計資料の出力、Hファイル出力が可能です。
 
都合により内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。