GTM-MML4VXJ
Skip to main content

導入事例 吉田クリニック様

吉田クリニック外観写真

紙カルテでは見えなかった患者様の流れが見えるようになりました


  静岡のベッドタウン、藤枝市の繁華街に吉田クリニックはあります。脳神経外科を専門とされる吉田院長は、病気により寝たきりなどで来院が難しく、診療を受けられない患者様に対し、往診でフォローしていきたいという思いでクリニックを開院しました。院内にはMRIを設置し、必要に応じ、専門的な検査、診断も行っており、電子カルテシステム導入に際し、画像システムと連携しています。また、往診ではモバイル端末を利用して、月に延べ200人の患者様の診察を行っています。

導入の背景/経緯

会計待ちの時間を短縮

  吉田クリニックは2005年に開院しました。開院当時は紙のカルテで運用していましたが、開院してから7年、患者様も増えたこともあり、会計の待ち時間が長いという患者様からの意見が多数あったため、電子カルテの導入を決めました。いくつかの電子カルテを検討しましたが、スタッフの負担軽減もあり、医事システムと同じメーカーのHOPE EGMAIN-RXを導入しました。

吉田 守 院長

吉田  守
院長

  「電子カルテに慣れるまでは少し時間がかかりましたが、医事システムの会計カードから処方をDOすることができ、1から入力する必要がなかったのがよかったです」と、吉田院長は言います。診察時には簡単な所見と会計に関わるデータを記入し、患者様の会計を優先。詳細はその後に入力する運用にしています。それにより、会計までの時間が短縮され、患者様からも「早くなった」と好評をいただいています。

往診時のカルテ入力が容易に

  月に延べ200人の患者様の往診を行っている吉田クリニックでは、モバイル運用を行っています。往診時にはデータをダウンロードしたノートパソコンを持参し、診察を行いながら簡単に症状のみを記載して、詳細は移動用の車内で入力を行っています。処方のオーダ変更時に修正が紙カルテに比べ、容易になりました。また、施設の往診時には30人ほどの患者様の診察を行うため、紙カルテ時にはカルテを用意し、並べるだけでも一苦労でした。「電子化したことで、患者様のIDを入れるだけでカルテを呼び出すことができるので、非常に便利になりました」と吉田院長は使い心地の良さを実感しています。

導入の効果

患者様の待ち状況把握

  吉田クリニックでは、HOPE EGMAIN-RXの端末を受付、診察室、MRI室、処置室にそれぞれ設置。リハビリ室にはプリンタのみを設置し、指示箋の印刷を行って、内容を確認しています。診察室には電子カルテを表示したディスプレイの隣に画像システムのモニターを並べて設置してあり、HOPE EGMAIN-RXの画面から患者様を呼び出すと、X線などの画像を参照することが可能となっています。

MRI室には画像システムとカルテ端末を並べて設置。読影も行う。

MRI室には画像システムとカルテ端末を 並べて設置。読影も行う。

  「電子カルテを導入して一番よかったのは患者様の状況がわかるようになったことです」と吉田院長。今までは、診察室にカルテが積まれている状態でしか状況がわからず、診察待ちの患者様しか把握できなかったのが、リハビリに来られている患者様や投薬のみで来院している患者様の状況までワンアクションで確認でき、状況に合わせて診察を行ったり、スタッフに指示することができるようになりました。

電子化ならではの機能で時間短縮

受付

受付

  電子カルテにしたことで、毎月発行しなくてはいけない書状などは前回作成したものから参照作成で日付を変更するだけで簡単に作成できるようになりました。また、紹介状なども頭書きなどは自動で展開され、またカルテに記載した内容を簡単にコピーすることができるので、作成時間が短縮しました。

  また、HOPE EGMAIN-RXにある予定処方という機能を利用し、たとえば、4ヶ月に一度行っている骨密度などは、次回分を予定処方として入力しておくことで、忘れることなく、オーダーすることができています。

年々楽になる電子カルテシステム

  「今後は、セット処方を少しずつ増やしていきたいと思っています。セット化することで、ミスも減りますし、入力が早くなります。よく使用する病名ごとにセットができたらいいですね」と吉田院長は今後の抱負を語りました。診察の合間をぬって、少しずつセット登録を進めており、セットが増えるたびに入力が楽になっています。また、同姓同名の患者様でもカルテを見て、どの患者様のカルテか見てすぐに分かるように、メモ欄に患者様の特徴も少しずつ書きはじめていて、今日受付をしている患者様がどのような患者様なのかがカルテだけでわかるようにする工夫もしています。


システム構成


吉田クリニック様でのHOPE EGMAIN-RX の導入については、株式会社テクトロン様 新規ウィンドウが開きます のご協力をいただきました。

施設概要

吉田クリニック

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200 富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら