GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Poynting for Optics 製品概要


Poynting for Microwave | Poynting for Optics


Poynting for Optics

Poynting for Optics電磁波解析ソフトウェア Poynting for Optics (ポインティング フォー オプティクス)は、光学解析のための様々な機能を装備したシミュレーターです。 FDTD法(補足1)を用いたソルバーと操作性に優れたグラフィカル・ユーザ・インターフェースが、研究・開発業務を強力にサポートいたします。

特長

  • FDTD法を採用しているため、計算精度が高く、しかも適用範囲が広いシミュレーターです。
  • 不均一グリッドに加え、サブグリッドを使用できるため、必要に応じて部分的に微細なグリッドを自由に設定でき、高い計算精度を保ったまま効率の良いシミュレーションを実現することができます。
  • 光の波長帯での金属媒質モデルに対応しており、近接場光応用で重要な表面プラズモン増強(補足2)などの現象を計算できます。
  • 様々な波源モデルを装備し、偏光、入射角度、開口形状、入射強度分布、レンズ使用など、光学分野固有のパラメーターが設定できるので、実用的な解析が可能です。
  • 様々な3次元CADデータをインポートすることができます。

機能

プリ・ポスト処理

  • 計算モデルの作成、差分グリッドの自動生成、境界条件・媒質条件・波源の設定などを行う機能
  • 上記の計算されたデータを2・3次元グラフィクスで可視化する機能
    • 時間波形のスペクトル表示に対応
    • Poyntingベクトル表示に対応
  • 材料や構造のパラメーター依存性を評価するためのパラメータースイープ機能
  • モデル作成作業を効率化するスクリプトAPI機能(ランダム構造のモデル化など)
  • 材料の分散特性データをMultipole Lorentz-Drude形式にフィッティングする機能

ソルバ・アナライザ

  • FDTD法を用いた電磁波解析機能
    • 複雑な周波数分散特性を考慮できるMultipole Lorentz-Drudeモデルを採用(複素誘電率、複素透磁率)
    • 異方性媒質に対応
    • 負の屈折率を持つ左手系媒質に対応
    • 周期境界条件における平面波の斜め入射機能
  • 近傍電磁界を算出する機能
  • 遠方電磁界(放射界、散乱界)を算出する機能
  • 透過係数、反射係数、パワーを算出する機能

操作画面

モデル作成画面

モデル作成画面

可視化画面

可視化画面

(補足1) FDTD法:電磁波の挙動をコンピュータで計算する手法の一種で、Finite-Difference Time-Domain Methodの略称です。Maxwell方程式を時間と空間について差分法で解きます。

(補足2) 表面プラズモン増強:金属表面の電子によって電場が増強される現象です。

解析事例

Poynting for Opticsを、実際の問題に適用した解析事例です。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)