GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コンセプト

HPCシステムに必要なすべてを自社でサポート

富士通は、ハードウェアプラットフォームに加え、インターコネクト、OS、ミドルウェア、コンパイラなど、HPCシステムに必要なすべてを自社技術でサポートし、ご提供します。

また、約40年の実績のなかで培った高度なサポートノウハウにより、システムの利点を最大限に引き出します。

約40年の実績 ~常にHPC分野で業界をリード~

HPCニーズの多様化に追従し、幅広い製品ラインナップや強力なサービス体制を提供

富士通は、日本初のベクトルスーパーコンピュータ「FACOM 230-75APU」を1977年に提供しました。1982年以降、本格的にスーパーコンピュータ市場に参入し、VP-100シリーズ、VP-200シリーズ、VP2000シリーズなどを提供してきました。そして、1993年には、世界で初めてベクトルパラレルアーキテクチャーを採用したVPPシリーズを発売、世界最高性能を実現いたしました。

また、1992年に高並列コンピュータAP1000を、1996年にはその後継機であるAP3000を開発し、さらに2002年にはベクトルスーパーコンピュータ技術と大規模スカラサーバ技術を融合した世界最高性能の大規模並列スカラ型スーパーコンピュータ(PRIMEPOWER HPC2500)を提供しました。

そして、2004年には、国内最高性能のLinuxクラスタシステムを実現しました。

2011年には、理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ「京」が10ペタフロップスの性能で世界一を達成し、現在は「京」で培った最新技術をさらに向上させて開発し100ペタフロップスクラスの性能を実現するスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX100」をご提供しています。

さらに、文部科学省と理化学研究所が進めるポスト「京」の詳細設計に参画し、単に計算速度だけでなく、低消費電力や使いやすさにも配慮した、総合力で世界最高レベルのスーパーコンピュータの実現を目指し、開発を続けています。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)