Skip to main content

宇宙

宇宙

宇宙で活躍する人工衛星がそのミッションを確実に遂行できるよう、衛星の追跡管制運用や、宇宙から送られてくる様々な観測データの処理を行う、地上データ処理システムを最先端のICTで支えています。

事例

準天頂衛星初号機「みちびき」

準天頂衛星初号機「みちびき」

2010年9月11日、種子島宇宙センターから、従来のGPS衛星よりも高精度の測位サービスの実現を目指して、準天頂衛星システムの第1段階である準天頂衛星初号機「みちびき」が打ち上げられました。「みちびき」は、GPS補完・補強に関する技術実証・利用実証が行われています。

小惑星探査機「はやぶさ」

小惑星探査機「はやぶさ」

2003年5月9日、内之浦宇宙空間観測所から、太陽系の資源利用や天体との往復飛行に必要な技術、小惑星に着陸し、サンプルを採取して地球に持ち帰る「サンプルリターン」の技術開発・実証を目指し、小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられました。

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

2009年1月23日、種子島宇宙センターから、高精度、高頻度で二酸化炭素およびメタンガスを測定できる温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が打ち上げられました。

月周回衛星「かぐや」

月周回衛星「かぐや」

富士通は、2007年9月14日に種子島宇宙センターより打ち上げられた月周回衛星「かぐや」搭載の3次元地形カメラおよび可視近赤外域センサーを開発し、月全球にわたる高解像度の立体画像作成や地質・鉱物の解明に貢献しました。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用し
ております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)