GTM-MML4VXJ
Skip to main content

【無償】事業継続対策レベルチェック

事業継続対策レベルを把握していますか?レベル診断実施中

貴社の事業継続対策レベルを把握していますか?

本診断ではお客様の事業継続対策状況を数値化し、5軸(ポリシー、ICT、バックアップ、ファシリティ、人・組織)のレーダーチャートで客観的に表示します。弊社の豊富な実績から蓄積された業界平均とお客様の現状を比較します。
また、専門家による事業継続に関する脆弱性と対策すべきポイントをコメントします。
さらに、ファシリティ、IT基盤、人・組織に関しては詳細な診断および対応策を示します。

事業継続対策レベルチェックの流れ

こんなことがわかります!

お客様の事業継続対策状況を数値化

チェック結果イメージ

チェック結果イメージ

お客様の事業継続対策状況を数値化し、弊社の豊富な診断実績により、業界平均などとの客観的な比較ができます。

事業継続に関する脆弱性と対策すべきポイントを把握

対策状況グラフ(レーダーチャート)

対策状況グラフ(レーダーチャート)

お客様の事業継続対策状況を数値化し、弊社の豊富な診断実績により、業界平均などとの客観的な比較ができます。

【無償】事業継続対策レベルチェック申し込み

こんなことでお悩みではありませんか?

課題1
そのバックアップは遠隔地になくても大丈夫ですか?

近年の仮想化によるサーバ集約や業務データの一元管理によって、ますますデータ保護の重要性が高まってきています。大地震によるディスク障害等が発生してもバックアップから迅速に復旧するために、不足している対策を見える化します。


イメージ

課題2
事業継続の対策を取引先から求められていませんか?

事業継続のガイドライン・法制化により、取引先から取り組み状況を確認されるケースが多くなってきました。人・組織/ファシリティの対策と併せて、ITシステムの事業継続レベルを見える化して貴社のIT投資計画に適切なアドバイスを行ないます。


イメージ

課題3
新型インフルエンザが蔓延しても業務を続けられますか?

新型インフルエンザのリスクに対しては、特に人・組織面の対策が重要です。現状を見える化して、同業他社と比較することで必要な対策を把握することができます。


イメージ

監修者紹介

横山 真一郎 主任教授

東京都市大学 知識工学部 経営システム工学科 主任教授
横山真一郎

<専門分野>
応用確率論、品質管理、信頼性管理、統計的データ解析、マーケティング分析、 プロジェクトマネジメント、リスクマネジメントなど

企業にとって災害や事故さらにテロや新型インフルエンザなどの対策を検討し、事業継続管理(BCM)に関する取り組みを行うことは企業の責務であると考えます。「事業継続対策レベルチェック」はまさに時代のニーズに即したツールであると考えます。
このツールを用いることにより、まず自社の事業継続対策の考え方の水準を知ることができます。さらに対策を検討すべき項目ごとに現在の水準を把握し、努力目標との隔たりを簡単に把握することができます。またコメントを参考に今後の具体的対策を知る手がかりを得ることができるでしょう。画面も見やすく、診断内容もグラフ表現されていてわかり易いツールになっています。経営改革の有力なツールとして活用されることをお勧めします。

【無償】事業継続対策レベルチェック申し込み

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)