Skip to main content

サステナビリティ

世界的な人口増加や都市化は、食料、水、交通、教育、医療、防災、エネルギーや環境などの分野での課題を引き起こしています。そして、地球温暖化はすべての人々の生活や経済活動にとっての大きなリスクであり、低炭素で持続可能な社会の構築が急務となっています。富士通が提供するICTは、これらのグローバルな課題に対して重要な役割を果たしています。

食・農業

気候変動による水不足や世界的な人口増加による需要増、農業の後継者不足など、 食料安定供給に対する懸念が高まっています。これに対して農業は、生産性や農業のレジリエンスを向上させていくことが求められています。富士通は、様々な業種や企業の方々と共に新しい価値を創造する「共創」から生まれた新しいビジネスモデルの提案とICTの活用で、「未来の農業」の実現に貢献いたします。

都市交通

人口が増加し続ける都市では、資源・環境のマネジメントやモビリティ(人の移動性)の最適化が課題となっています。富士通は、都市部の交通渋滞緩和や、次世代エネルギーの供給情報管理を通じて、持続可能なモビリティを支援します。

スマート・エネルギー

電力の安定供給や再生可能エネルギーの導入加速に向けて、社会インフラの最適化やエネルギーコスト抑制への施策が必要とされています。富士通は、エネルギー関連の業種・業務ナレッジとスマートコミュニティ分野での取り組みで得たノウハウを軸に、ICTによるエネルギー利用の効率化や、スマートコミュニティの実現に貢献します。

防災

気候変動による異常気象や予想がつかない気候現象が多発しており、大雨・洪水・高潮などによる住宅やライフラインへの被害や経済活動へのリスクが懸念されています。災害大国である日本の防災活動をICTで支えてきた富士通は、これからも、世界中で多発する災害への対応を支援します。

環境経営

企業にとって事業と環境を両立することは重要な課題であり、この課題を解決するには、環境を経営の視点で大きく捉え、戦略的に取り組んでいくことが必要です。富士通グループは、自らの環境負荷低減に徹底して取り組み、そこで培ったノウハウや先進テクノロジーを活かし、お客様の環境経営の実践や環境負荷低減を支援します。 

データセンターの省エネ

クラウドコンピューティングの普及拡大やデータトラフィックの急速な増加によりデータセンターの需要が高まる一方で、データセンターの環境パフォーマンスに対する社会の関心が高まっています。富士通は、自らのデータセンターで蓄積したノウハウを活かして、社会のICTインフラの最適化と環境負荷の低減を可能にします。