GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Security Solution SHieldWARE

SHieldWARE(シールドウェア)は、標的型攻撃への対策やIT全般統制への対策を強力にサポートする、セキュアOS製品です。多層防御でサーバを要塞化します。

SHieldWAREは、サーバに導入する事で、主に以下の機能を提供します。

  • 不正プログラム(マルウェアなど)の実行制御
    実行ファイルをホワイトリスト化すことにより、未知のマルウェアの活動を防止
  • 強制アクセス制御
    全てのユーザー、プロセスに対して強制的にアクセス制御を実行
    不正な操作を予め封じておくことにより、改ざんや情報漏えいを確実に防止
  • 最小特権
    ユーザーやプロセスに対するアクセス権限を必要最小限に付与
  • ファイル改ざん検知
    改ざんなどの不正操作をリアルタイムに検知
  • 監査証跡
    OS機能では残らない詳細ログ(OSコマンドレベル)を収集

標的型攻撃への対策として以下のようなサーバへの導入を推奨

  • LDAPサーバ(ActiveDirectoryサーバなど)、Webサーバ、DBサーバ、ファイルサーバ、パッチ配信サーバ など

仮想環境にも対応

  • VMware ESX/ESXi
  • Oracle® Solaris™ 10, 11コンテナ(Global Zone, Non-Global Zone)
  • Microsoft® Windows Server® 2008R2, 2012 Hyper-V(ゲストOS, ペアレントOS)
  • Oracle VM Server for SPARC
  • Linux KVM

SHieldWARE  |  製品概要  |  動作環境  |  導入事例  |  標準価格  |  カタログ・資料

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)